ブログ

歌劇座十二社オペラ・ガラ・コンサート

歌劇座十二社オペラ・ガラ・コンサート

日時:2021年12月26日(日)19:00開演

場所:ガルバホール

出演:ソプラノ 大武彩子 船橋千尋

テノール 城宏憲

バリトン 薮内俊弥

楽    器 西田史郎(ヴァイオリン)羽川真介(チェロ)温井杏奈(フルート)

指揮・お話 飛鷹佑依

 

大武彩子さんに誘われて足を運んだ

ガルバホール創設5周年記念コンサートの一環として

開かれたオペラ・ガラ・コンサート。

 

オペラ「椿姫」「ラ・ボエーム」の

各幕からエッセンスを

飛鷹佑依氏の解説を挟みながら楽しむ

サロンコンサート。

 

声楽家の成長を肌で感じる快感

一人の声楽家の歴史にリアルタイムで接するのは

音楽、音楽家を愛するものとして至福の時間です。

 

大武彩子さんは夢空間La Musicaに

大学院生の時独り立ちしてから

の2回ご出演いただいております。

大学院生時のこれからの飛翔を期待させる初々しさ、

新人として全身全霊をつぎ込む決意がほとばしった2回目、

日々のたゆまぬ研鑽がコロラトゥーラの

美しい響きとなることがわかりました。

同時にまだまだ伸びしろがあるという期待も抱きました。

 

その後英国王立音楽院留学中の帰国時のコンサートに接するたびに

生まれ変わる姿を目の当たりにして、次を待ち望むようになりました。

 

今回演じたヴィオレッタとムゼッタには

凛とした落ち着きある声楽家の姿を見ました。

シドニーを本拠地としてヨーロッパにも活躍の場を

持ち始めた自信の表れでしょうか。

 

這えば立て、立てば歩めの親心 と言いますが、

今まさにその気持ちです。

まだ若い、まだ目指すべきところがある大武彩子さんに

出会えたのも嬉しいことでした。

 

オペラ全体がわかる解説

飛鷹佑依氏は簡潔かつ必要十分な解説で聴衆を

リラックスさせたと感じました。

たとえこの二つのオペラを知らなくても、

コンサートに各自の思いをのせて楽しめる

お話でした。

 

個人の感情、感想をつい入れてしまう私は

我が身を反省し、勉強できました。

 

人のふり見て我が振り直せ

コンサートに行くと、

音楽を楽しむ以外にも

参考になること、勉強になることが

たくさんあります。

成長すべきは音楽家だけではありません。

コンサートを支える人間も日々成長を

心がけねばならないと思います。

 

 

リーダー・アーベント(ドイツ歌曲の夕べ)

リーダー・アーベント(ドイツ歌曲の夕べ)

日時:2021年12月7日(火)18:00~

場所:江東区豊洲文化センター(豊洲シビックセンター5F)

出演:ソプラノ:全詠珠(ちょん よんおぎ)

メゾソプラノ:柳原竜子

テノール:高柳圭

バスバリトン:狩野賢一

ヴィオラ:吉田篤

ピアノ:清水新

 

リーダーは歌曲、アーベントは夕べ。

リーダーアーベントは歌曲の夕べ。

 

当リーダーアーベントは昨年、

新型コロナにより沈黙していた舞台芸術が

ようやく再起動始めた頃に、

芸術の復興と癒しの提供を願って第1回を迎え、

本日更なる発展を目指して

ここにお第2回を迎えることができました。

プログラムのご挨拶(狩野賢一)より抜粋

 

プログラム

R.シュトラウス

〈セレナーデ〉作品17-2

〈私は漂う〉作品48-2

〈何も!〉作品10-2

ソプラノ:全詠珠

 

L.v.ベートーベン

《遥かなる恋人に寄せて》作品98

J.ブラームス

《アルトとヴィオラ、ピアノのための2つの歌》作品91

テノール:高柳圭

 

H.ヴォルフ

《ミケランジェロの詩によるバストピアノのための3つの歌》

メゾソプラノ:柳原竜子

 

A.ベルク

ピアノのためのソナタ 作品1

ピアノ:清水新

J.ブラームス

《4声のためのジプシーの歌》作品103

バスバリトン:狩野賢一

 

狩野賢一氏のご挨拶文が声楽という音楽芸術になって届きました。

ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バスバリトンそれぞれの

声種から響く人間の心模様に何も考えずに浸りました。

 

プログラムにはそれぞれの歌い手の解説を添えて

歌曲の日本語訳が載っています。

帰宅後、しっかり読みました。

情報なしで自分の感覚だけで聴いて体に染みる感覚は心地よいです。

よいけれど、しかし、

解説、日本語訳を読み込んでもう一度聴く機会が欲しい。

と切に思いました。

 

次のリーダー・アーヴェントを待ちたいです。

 

テノール高柳圭さんは来年12月3日

夢空間La Musicaのコンサートに出演予定です。

 

 

 

 

マエストロDE落語 桂右團治落語会第十九回

マエストロDE落語 桂右團治落語会第十九回

日時:2021年12月11日(土)15時開演

場所:ヴィ・マエストロ

出演:桂右團治

 

物理的な制約はあっても、気持ちは縛られない

まだ制約のある中でですが19回目の

桂右團治落語会を開催することができました。

集まった者はみな

滑稽話で笑って

人情噺に心つかまれました。

 

演目

 

子ほめ コミュニケーションが繋ぐ人間関係

桂右團治師匠が入門されて最初に稽古された落語。

 

 

 

手水回し ことばは深くて、美しくて、面白い

上方落語も守備範囲の師匠。

関西がご出身の師匠ですが、

関西弁と一口に言っても、場所場所で微妙に違い、

勉強、研究が必要とのことです。

 

 

芝浜 夜明けの空模様の描写、絵画を見ているよう

数ある人情噺の中でも屈指の名作と言われている噺。

桂右團治師匠が描く登場人物の持つ様々な感情、様子に

これぞ人情噺、と大きく感情を動かされた。

人物のみならず、芝浜の海岸にたたずみ、

夜明けの空を眺め、その色の変化、グラデーションを

魚屋勝五郎に語らせる場面には圧倒された。

 

 

珈琲とワインで久しぶりにちょっとお話

コロナ禍前のように食事を共にすることは

まだ時期尚早ですが、

師匠を交え、静かで和やかな時間を共有できたのも

嬉しいことでした。

 

8年ぶり全面改訂三省堂国語辞典

まくらで師匠から三省堂国語辞典改訂版が

12月17日に発売されると案内がありました。

消えていくことば、追加されることばで

世相を知ることができます。

赤外線通信、着メロ、

スッチー、コギャルなどは消えるそうです。

 

辞書は重い、本棚の場所を取るからネット検索でよし、

と辞書を処分してしまったことを後悔しています。

この機会に辞書を購入しようと思った次第です。

 

右團治ひとりDE会

右團治ひとりDE会

日時:2021年12月4日(土)14時開演

場所:GGサロン

出演&裏方:桂右團治

 

株式会社現代ギター社4階にあるGGサロンにて

桂右團治師匠主催落語会。

「ひとりDE会」のタイトル通り、

会場探し、集客、会場設営、備品など

全て師匠お一人でこなされて、高座に。

普段、裏方を務める私は開演まで

ぼおっと座って待つのが申し訳なく、

お尻が落ち着かない状態だった。

 

番組

完全マスター(石山悦子作):大笑い

東京人と関西人の違いが

「ことば」を切り口にテンポよく語られる。

師匠の小気味よい関西弁に体中が笑ってしまう。

心の底から一生懸命になる行為、この心意気には

人間の可愛いらしさがにじみ出ていた。

 

ラーメン屋(有崎勉作):人間賛歌

屋台ラーメン屋を営む老夫婦と青年の噺。

「人を見たら泥棒と思え」の間反対を描いた噺。

有崎勉は柳家金五郎の落語作家、脚本家としての

ペンネーム。

柳家金五郎さんの顔いっぱいの笑顔とラーメン屋の

おじいさんが重なる。

 

文七元結(三遊亭圓朝作):江戸っ子の一途さ

ウィキペディア<文七元結>から抜粋引用。

髷 (まげ)の根を結い束ねる 紐 のこと。

長くしつらえた 紙縒 (こより)に

布海苔 と 胡粉 を練り合わせた 接着剤 を

数回にわたって塗布し、乾燥させたうえで

米 の 糊 を塗って仕上げた元結が「文七元結」であり、

「しごき元結」「水引元結」とも称した 。

「文七元結」の名称は、桜井文七という人物の考案とも、

下野国 ( 栃木県 )産の 文七紙 を材料として

用いるからともいわれている 。

 

株式会社現代ギター社はギターの聖地

今回、右團治ひとりDE会に足を運んだ場所は

ギターの聖地。

GGサロンはギターの音色一つ一つ拾うように

作られている、と聞いた。

ショップには個性際立つ(と思われる)ギターの

数々が展示されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新国立劇場 ニュルンベルクのマイスタージンガー

新国立劇場 ニュルンベルクのマイスタージンガー

2021年11月24日(水)

新国立劇場

 

席種選択はいつも悩ましい

コンサート、オペラなどのチケット予約をする際、

新国立劇場A席で満足した経験があるのに、

S席といっても、いろいろなのに、

S席を選択してしまう困った癖がある。

今回は直前予約が幸いし、A席を購入した。

がその席。

もう少し内側だったらよかった、と思っていたが、

幕が開けばそんなことは全く気にならなくなった。

 

楽劇 ニュルンベルクのマイスタージンガー

オペラではなく、楽劇と表現したい舞台。

前奏曲が耳、目、気持ちに火をつける。

幕が開くと清らかな合唱が聞こえる。

その音色にはマイスタージンガーの神様が潜んでいたらしい。

引き込まれ方が尋常ではなかった。

 

字幕に目がいかない、舞台にくぎづけ

会話、語りがそのまま歌唱となっている。

その美しい状況に聴き入り、見入ってしまい、

字幕を見忘れてしまう。

見忘れている自分にびっくり。

ドイツ語は分からないが、

字幕を見るのはもったいないと思ったのは

この舞台が初めて。

 

本作品は国際共同制作

東京文化会館、新国立劇場、ザルツブルク・イースター音楽祭、

ザクセン州立歌劇場との国際共同制作として、

コロナ禍をはさんで実現した作品。

 

 

(プログラム記載の人物相関図を資料として利用)

 

出演者の出身地はドイツ、オーストリア、日本。

ドイツ、オーストラリア出身歌手からは

16世紀のニュルンベルクの大地の色合い、匂いが伝わってきた。

民族として受け継がれている「何か」だ、と思った。

蝶々夫人は日本の歌手で楽しみたい、という感覚と同じかもしれない。

日本の歌手も素晴らしかった。

実力ある方々(林正子氏、妻屋秀和氏、他)に混じって、

若手伊藤達人さんも十分に存在を示していた。

 

長丁場の作品

1幕:95分

休憩:30分 青い空。太陽が外壁に反射。

2幕:70分

休憩30分 月もまだ出ない漆黒。ホワイエの照明が映える。

3幕:130分

 

拍手は自粛しないでください

カーテンコールが続く、続く。

「拍手は自粛しないでくださ」と

新国立芸場ホームページに載っている。

お願いされなくても拍手は続く、続く。

 

 

ミュージカル「のっぽの古時計」

ミュージカル「のっぽの古時計」

日時:2021年10月16日(土)

場所:川崎アートセンターアルテリオ小劇場

 

 

・・・そして気づきました、
「物語が語り継がれるとはこういうことだ」と。
聞き手が語り手から想像したものが心を揺さぶり、
自分の経験が呼び起こされたり将来を考える糧になったりする。
「大きな古時計」は、作曲家がこの物語を聴いた時の心の振動が
音になって、時代を超え国を超え語り継がれてきました。・・・

このミュージカルの演出家、河田園子氏のGREETINGより抜粋

 

作家の心の震動を演出家が共有し、増幅され、舞台に立つ方々に伝わり、

美しい魂の振動となって観客に届けられた。

コロナ禍の欠乏は経済活動の外にも大きな穴をあけた。

五感が、気持ちが飢えていたことを直に教えられた。

舞台と客席が一体化した小劇場ならではのことと思った。

 

写真:アルテリオ小劇場HPより

 

出演者それぞれの音が心に沁みた。

中でも古時計の精を演じた石鍋多加史さんの震動は格別だった。

椿姫@入間市創造文化ATELIER AMIGO

椿姫@入間市創造文化ATELIER AMIGO

日時:2021年9月18日(土)

演目:オペラ椿姫

会場:入間市文化創造ATELIER AMIGO

 

入間文化創造アトリエ  アミーゴ

大正5年、この地に埼玉県繊維工業試験場が仏子模範工場 として建てられた

木造の建物が広い敷地に5棟。

会場となったのはそのうちの一つ。

(写真:施設利用案内より)

今回公演の客席数は50。

案内には「床材 フローリング」と書かれている。

フローリングではこの床の温かみは伝わらない。

「木(もく)」と書いてほしい。

柱に残されているしゃくれや傷も時を刻んだぬくもりがあった。

 

感動の余韻が消えない

事前にネットで会場を検索した時は

ここでやるの?危惧する気持ちが強かった。

しかし、危惧は自身の固定観念がなせる業とわかった。

余韻がいつまでも残る素晴らしい舞台に出会った時間だった。

 

2メートル足らず先、同じ目線の舞台

オペラは歌劇。

そのようなつもりはなかったが、今までは「歌」だけしか楽しんでいなかった。と思った。

オペラ歌手は役者でもあることを強烈に認識。

目の前にヴィオレッタ、アルフレード、ジェルモンがいた。

それに加えて、オペラ歌手が舞台にかける情熱の圧を受け取った。

余韻がいつまで経っても消えないのはこの情熱に接したからかもしれない。

オペラグラスというのは覗き込むための道具であって、

オペラを楽しむということからは、はずれているのではないか

という思いが沸き上がってきた。

 

場を使い切る演出

オペラ公演の環境としては足りないものがてんこ盛りの会場。

これが危惧を抱く余韻だった。

終わって、浅はかな考えだと恥じ入った。

「場を使い切る」という発想が美しい舞台を作る、という

強烈なメッセージを受け取った。

夢空間La Musicaで企画する時、「ない」ことを嘆く行為は

お客様に言い訳をしているのと同じと、今更ながらに猛省。

そこここに光る演出、特にヴィオレッタが命を終える最後の場面、

全編を通して絶妙な効果を生む照明。

折しも台風が関東沖を通過する時間と重なり、

雨音が1幕、2幕では会場内にも入り込んできた。

この雨音はヴィオレッタとアルフレードの嘆き、悲痛を演出していた。

天候までも取り込んでしまった舞台だった。

大満足の椿姫だった。

 

ちらし、チケットデザインが素敵

チケットに加えられたゴールドに

華やかさと儚さを併せ持った「人生」をイメージした。

 

伝えたくなる舞台

この舞台で味わった感動をすぐに伝えたい!と強烈に思った。

そして実行した。

オペラとは程遠いのでは?と思う場所でこんなに深い感動を

得た今回の経験は夢空間La Musicaに生かしたい。

「誰に 何を どのように」を明確にするのは自明の理と分かっているが、

「何を」の作り方を根本から考え直そう。

そして来場された方が”すぐに誰かに伝えたい!”と強く思う舞台を目指そう。

 

 

 

 

 

 

宮本亜門演出オペラ「魔笛」

宮本亜門演出オペラ「魔笛」

2021年9月12日(日)

東京文化会館大ホール

W.A.モーツァルト「魔笛

 

先日のルルに続いてオペラ、魔笛。

昨年5月、新しくなった上野駅公園口改札口を探してしまい、

今回は新宿方面山手線ホームに少し探した。

周辺の人出は思いのほか多かった。

 

【プロジェクトマッピング】

以前、プロジェクトマッピングが活用されたバレエ「夏の夜の夢」では、

幻想世界に一気に引き込まれた。バレエとプロジェクトマッピングは相性がよいのか?

今回が2回目。舞台装置のメインがプロジェクトマッピングだった。

バレエと違ってオペラの舞台が映像で作られていることに体が馴染むのに少し時間が必要だった。

鑑賞する側はともかく、映像の中で演じるって大変なのではないかと思った。

 

【宮本亜門氏演出を楽しむ】

現実世界の家庭内騒動から魔笛の世界に飛び込んでいく出だしに

なんだ?、何?、いったいどうなるの?と

いつもとは全く違う個所の感覚を刺激された。

現実世界から仮想世界の「魔笛」に入り込み、

最後に現実世界の家庭に戻ってくる設定。

解説によると、仮想世界「魔笛」で繰り広げられる騒動は

ロールプレイイングゲームとのこと。

今の世相をチクリと刺していると思わせる台詞はこの構造だからできた。

宮本亜門氏の息遣いを感じさせる舞台。

お話の世界なのに、我々の実生活と密接に結びついていると思わせ、

共感度がとても高い舞台でした。

(出典:プログラム)

【オペラ歌手の奮闘にびっくり】

ミュージカルかと思うほど軽やかに動き回るオペラ歌手。

出演者の技量と奮闘に感動。

  • 夜の女王の侍女3人はちょっと笑えるエロティックな衣装で軽やかにステップを踏みながら歌う
  • パパゲーノは全身全霊で動き回る道化師のようではあるが、オペラ歌手としてきっちり歌う
  • 舞台転換を引っ張っているのはパミーナ、タミーノかと思うほどの動き  などなど

 

【夜の女王のアリア以外は知らない???】

アリアでひときわ大きな拍手が起こったのは夜の女王のアリア。

魔笛で一番人気はやっぱり「復讐の心は地獄のように胸に燃え」なのね。

開演前に後ろから聞こえてきた会話でもそれがうかがえる。

「魔笛のアリアって何?」

「夜の女王のアリアしか知らない」

「私も」

・・・・

魔笛には様々なアリアがあって、どれも魅力的。

パミーナ(盛田麻央)のアリアに夜の女王のアリアと同じくらい拍手が欲しかったなあ。

 

【生活の中の美】

芸術は特別の場所にあるのではなく、暮らしの中にある。

個人的にはクラシック音楽が一番生活に強く結びついている。

音楽、演劇、絵画、書籍、どこにでも美を見つけることができる。

夢空間La Musicaは「自分の美は何か」を意識するきっかけになれたらいい。

そして会話するきっかけになればもっといい。

 

 

 

蝉は水を飲まない!

蝉は水を飲まない!

今年は命を終えた蝉に出会う機会が少ない。

道路に横たわっている蝉を見つけた時は

  1. 近くに草花があればそこに置く
  2. 草花がなければティッシュに包んで持ち帰り、プランターに埋葬
  3. 自宅ベランダなどであればプランターに
  4. 脚がわずかでも動いていればプランターの上に置く

この4つが昨日までは対処方法だった。

昨日、自宅前で倒れていた蝉はかすかに足を動かしていた。

いつもの通りプランターに置いた、だけではなく、

最後に水を飲みたいかも、と勝手に思い、

プランターの小松菜にたっぷり水を吹きかけ、蝉をそっと置いた。

蝉はどうやって水を飲むのかと、ネット検索したところ、

蝉は水を飲まない、樹液で水分補給する

と書いてあった。

瀕死の蝉に砂糖水を与え、命を吹き返した例がある

とも書いてあった。

ティッシュに砂糖水を含ませ、棒に巻いて蝉を置いてみた。

少し動き回ったのでかすかな希望が、、、

しかし、吹き返すことはなかった。

出会うのが遅すぎたかも。

再挑戦する機会が今夏あるかな。

 

ついでに蝉の属性は何だろうと検索したら

蝉はカメムシ目(*_*)

出典:kuma-oyakudati.com

 

 

オペラ「ルル」

オペラ「ルル」

2021年8月29日(日)

新宿文化センター大ホール

(地図:新宿文化センターHP  写真:ウィキペディア)

 

「検温」「手指消毒」「なるべく無言」「マスク着用」、

相変わらずのこの四点セットを通り抜け、ようやくルルに出会えた。

 

二期会オペラ劇場「ルル」

(写真:新宿文化センターHP)

 

連日報道されるコロナウィルス感染拡大に不安がぬぐい切れないものの、

多くの人と楽しむ「偕楽」に身をゆだねる贅沢な時間だった。

【出演者】

ルル               冨平安希子

ゲシュヴィッツ伯爵令嬢      川合ひとみ

劇場の衣装係、ギムナジウムの学生 杉田由紀

医事顧問             加賀清孝

画家               大川信之            

シェーン博士           小森輝彦                     

アルヴァ             山本耕平

シゴルヒ             狩野賢一

猛獣使い、力業師         小林啓倫

公爵、従僕            高柳圭

芸場支配人            倉本晋児

管弦楽              東京フィルハーモニー交響楽団

指揮者              マキシム・パスカル

*相関図はプログラムより抜粋

 

語り歌い

明るい「長調」と「暗い」短調のヴァリエーションがあるのが音楽、

と思っているけれど、このオペラはそれがない。

無調で繰り広げられる語り歌い。

初めて出会ったオペラ。

語り歌いに引き込まれた。

オペラ「ルル」は無調で初めて味わい深い作品になると確信。

出演者の技量のなせる業。

オーケストラ、指揮者のなせる業。

 

オーケストラも歌っている

オペラ公演にはオーケストラはつきもの。

その演奏があって、オペラの楽しみが完成することは自明の理。

と無意識に思っていたことに気づかされる公演だった。

オーケストラも歌い手だった。

いつもは少し息をつく間奏だが、ここでは聴き入り、

また演奏者一人一人を凝視する思いだった。

 

指揮者も歌う

マキシム・パスカル氏のダイナミックな動きは

狂おしくルルを求める男性たちの内面と、

ルルの狂気、愛情、憎しみが反映されていたのではないかな。

 

観客に小学生姉妹が

休憩時間におそろいの洋服でちょっとだけお洒落した小学生姉妹のお客様発見。

激しく狂おしいルル、おぼれる男性たち、

愛憎劇をかわいらしいお嬢様二人はどう感じているのかな?

どう楽しんでいるのかな?

とても興味をひかれました。

後で知ったのですが、どうやらお二人は

「ルル」役冨平安希子さんのお子様たちだったよう。

どんな感想を持ったのかな?

お母さんにかわいらしい厳しい批評をするのかな?