ブログ

「めがね女子の会」

「めがね女子の会」

日時:2022年9月17日(土)14:00~

場所:無何有

出演:桂右團治 神田桜子

 

 

史上4番目に強い台風14号が日本列島に近づいてきた

17日、新宿東口に出たら、そこは祭りだった。

コロナ禍以後初めて生の祭りに出会った。

並ぶ屋台をのぞく、何を買おうかと迷う楽しさを

久々に味わった。

 

番組

落語 三者面談 微笑亭さん太 作

講談 赤穂浪士銘々伝

源蔵婿入り赤垣の南瓜娘

落語 陸奥違い

 

微笑亭さん太さんに感服

登場人物は高校生の息子、その父親、そして担任教師

噺の題名が「三者面談」、と聞くと大方の人はいわゆる

“三者面談”を想像するはず。

しかしここでの中心テーマは「万引き」。

それも捕まったのは父親と教師。

作者の視点、座標軸の設定にうなった滑稽噺。

 

お客様が引いてしまうだろうとサゲを変えた

桂右團治師匠。

原本のサゲを是非知りたいとお願いした。

 

講談は聴く活劇だ

赤穂浪士本伝、銘々伝、外伝

この3つがあると知っていると”通ぶれる”と

教えてもらった。

神田伯山襲名直前の神田松之丞さんの語る

演目名を失念した赤穂義士銘々伝で初めて

講談と出会った。

聴く楽しさを発見した。

落語とは別物の聴く楽しさ。

聴く活劇だと思った。

神田桜子さんの語り口に引き込まれた。

 

 

 

ヴォイストレーニングの会@巣鴨

ヴォイストレーニングの会@巣鴨

日時:2022年8月21日(日)14時開演

場所:巣鴨地域文化創造館

出演:おなかのへるヴォイストレーニングの会

   木藤舞音(ピアノ)

構成・演出:石鍋多加史

 

日本語の「ことば」を朗読や歌で楽しむ

おなかのへるヴォイストレーニングの会

発表会が2年ぶりに開催された。

会員数は26名。最高齢は87歳と判明。

お腹から声を出す効用はサプリメントを

大きく越える、と確信。

 

 

別れのことば「さようなら」

今回のテーマは

そうならねばならぬのなら

これがさようならのもともとの意味と知った。

美しい諦めのことば。

そういえば最近別れ際に「さようなら」と言ってない。

「じゃあね」「またね」「失礼します」と言っている。

もともとの意味をしっかり踏まえて

さようなら

と言おう。

 

ヒロシマ・ナガサキ庶民の声

戦時中でも市井には普通の暮らしもあった。

親であったり、子供であったり。

8月6日、9日だけではなく、

毎日8時15分を意識したい。

11時2分は毎日は無理かもしれないが、

意識したい。

と心の底から思った。

 

指導者 石鍋多加史氏

忘れてはいけない辛い出来事の現場でも

人間の優しさ、思いやり、そんな温かみが

存在することを知り、

悲惨さ、悲しみがより深く伝わってきた。

石鍋多加史氏の魂を込めた指導を目の当たりにした。

 

今年も10月29日(土)に石鍋多加史氏の

ことばと出会う音楽会をロゴス教会で開催します。

 

木藤舞音(ピアノ)

朗読を支えるピアノ、と思って聴いていたが、

しばらくすると、

聴く者の琴線にも触れている、とわかった。

表情豊かなピアニッシモが続いた。

朗読を聴いた後、

一転、激しい独奏

「革命のエチュード」

ショパンと同調した。

 

エリーナ・ガランチャリサイタル

エリーナ・ガランチャリサイタル

日時:2022年6月28日(火)19:00開演

場所:すみだトリフォニーホール

出演:エリーナ・ガランチャ

マルコム・マルティノー(ピアノ)

 

2020年5月23日(土)の振替え公演。

客席に向かう階段は1段ごとに夢に近づく感覚。

丁寧に、意識して階段を上がったのは初めて。

 

プログラムに期待が膨らむ
プログラム

画像をクリックすると拡大表示されます。

日本初公演の単独リサイタル、

リサイタルというだけでも期待値はうなぎのぼり。

手にしたプログラムを眺めて、

リサイタルを越えたリサイタル、

ここで体験できる音楽世界をどう想像していいのか

幸せな戸惑いの時間を過ごした。

 

記念碑となったリサイタル
演奏者プロフィール

写真をクリックすると拡大表示されます。

ピアニッシモからフォルテッシモまで、

肩の線が全く揺れない。体が揺れない。

美しく、表情豊かな声がどこから湧き上がるのか

ただただ見つめ、聴き入った。

 

ピアノに指が触れた瞬間に

マルコム・マルティノーもまた

歌曲伴奏者最高峰のおひとりと思った。

 

お二人のおちゃめな仕草を垣間見ることができた

のも楽しいことだった。

 

このリサイタルは個人的には描きがたい美しい

記念碑となった。

 

アンコールも重厚

絹の肌触りを感じさせる妖艶な「ハバネラ」

次は幼くかわいらしいお嬢様が歌う「私のお父さん」

スタンディングオベーションが止まらない

とても気に入っているラフマニノフの歌曲、

まだまだ止まないスタンディングオベーション。

もう一曲。

この後はない!と笑顔で言い切って

もう1曲。

 

明日もあるのに大丈夫か、と心配しながらも

存分に楽しんだリサイタルだった。

 

 

 

 

 

マエストロDE落語 桂右團治落語会第二十一回

マエストロDE落語 桂右團治落語会第二十一回

日時:2022年6月25日(土)15時開演

場所:ヴィ・マエストロ

出演:桂右團治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県伊勢崎市の最高気温が40・2℃

八王子は38.1℃

会場入り口で測ったお客様の体温は36.2前後。

会場に到着されたみなさまの口から出ることばは

暑い❕

そして、少々お疲れの表情。

 

演目
暑さを滅却する落語の力

異常な暑さに突然見舞われたこの日、

会場に着いた途端楽しい!とはならないのが人情。

桂右團治師匠が登場。

前口上、まくら噺と進む、

客席から声が出る。

小さな笑い声がもれる。

酷暑に奪われたエネルギーが供給され始める。

一席目が終わった時、

全員が暑さに勝っていた。

落語の力。

 

みんなで交わる大人の遊び

落語会終了後、

それぞれ好みのドリングを手に

お話が弾む。

師匠も輪に入ってますますお話が弾む。

落語を聴いて、

ちょっととどまって

交流する。

これも大人の遊び。

 

次回のご案内

日時:2022年8月20日

 

第3回右團治ひとりDE会

第3回右團治ひとりDE会

日時:2022年5月14日(土)14時開演

場所:神楽坂香音里

主催・出演:桂右團治

 

東西線神楽坂駅下車、土地勘があれば徒歩1分

で到着できる香音里。

築55年の古民家をレンタルスペースに改装。

中は外見からは想像できない日本家屋。

畳の上にグランドピアノが置かれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右團治ひとりDE会はいつも落語三席を

堪能できる。今回は

隠し事

片棒

火焔太鼓

 

落語作家さんと聴く落語

師匠のお話で

「隠し事」は古典新作落語と知る。

作者の小松繁さんも会場にお見えでした。

落語作家さんと聴く落語と知って、

プレミアム度合いが増した。

 

師匠の粋で艶ある話芸

夫婦間に交差する艶あるやり取りに

心温まる「隠し事」

目の前に江戸の町人がいて、

本当に演じている音、声が聞こえてきた

「片棒」で口演されるお囃子、掛け声。

粋だねぇと心の中で言ってしまう。

古道具屋のあたふた顛末がテンポよく

語られる「火焔太鼓」。

 

口演100回

「隠し事」はこの場が初披露とのこと。

「100回は同じ噺を高座でやらないと

こなれない」

これは師匠のお話。

ローマは一日にして成らず。

 

火焔太鼓を背負った噺

 

 

 

 

 

この火焔太鼓が煤だらけになるほど

ぞんざいに扱われていた理由がわからない。

落語ゆえの噺なんだろうと思う。

それにしても、火焔太鼓は背負えない。

これも落語ゆえのことだと思う。

 

お知らせ

夢空間La Musica主催

マエストロDE落語「桂右團治の会第21回」

は2022年6月25日(土)15時開演

場所:ヴィ・マエストロ

木戸銭:2000円(ドリング500円別)

*ドリンクは希望者のみ

お申込み先:夢空間La Musica

090-6163-3288(岡部)

 

 

 

 

 

 

 

 

テノール デュオ・コンサート

テノール デュオ・コンサート

日時:2022年5月8日(日)14:30開演

場所:代官山教会

出演:金山京介 吉田連

ナビゲーター:遠藤ふきこ

 

母の日に「五月に贈る愛の歌」をテーマにした

コンサート。

代官山駅徒歩5分の教会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りから一歩中に入った閑静な住宅地に

すくっとそびえる代官山教会。

コンサート会場としての利用も多い教会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開演前の客席には少し興奮した会話が

飛び交う。それを飛び越えた舞台には

透き通った緊張の静寂がただよう。

 

歌心が沁みる

昔から様々な場面で聴いたり、

ときには歌ったりしてきた

日本歌曲には人それぞれの思いがある。

コンサートで聴く時、どんな世界を

見せてもらえるのか期待する

「初恋」「母」では

人間味あふれるモノクロの美しい響きに

包まれ、人恋しいってすてきなことと

思った。

「宵待ち草」「はっか草」では

自然の中に生きる美しさが

透き通る響きになって伝わってきた。

金山京介さん、吉田連さんの味わい深い

テノールを堪能。

 

吉田連さんは

12月3日(土)夢空間La Musica主催の

コンサートに出演されます。

お申込みはこちらからもできます。

プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しも爽やか

ナビゲーターの遠藤ふきこさんが投げかける質問に

答える二人の反応には心地よい関係性が垣間見え、

コンサートをより身近なものにした。

遠藤ふきこさんのナビゲートに感服

曲目を知っている人はそうだそうだと納得、

知らない人は歌に身を置きやすくなる

遠藤ふきこさんの曲目解説は勉強になった。

話しの間、抑揚、声のトーン、

元アナウンサーならではの巧みな技。

見習えるものなら見習いたいが、無理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートを終えて撮影タイム。

 

両国散策と神田川クルーズ

両国散策と神田川クルーズ

日時:2022年5月4日(水)13時~16時半

企画&案内:三遊亭遊七

主なルート:遊七と行く両国散策&新緑の神田川クルーズ

 

江戸→明治→大正→昭和そして令和の両国

 

 

この地は歴史が暮らしを支えていることを実感できる.

 

両国駅

 

 

 

 

 

1929年(昭和4年)建設の両国駅。

利用したことはあっても、駅舎を

見上げたのは今回が初めて。

 

回向院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

檀家を持たない回向院には歌舞伎役者、力士、

関東大震災被災者、など様々ないのちが祀られている。

献花の数が一番多いのは犬猫の塚だった。

回向院。鼠小僧治郎吉墓の隣には病気になった魚屋の

いのちを守った猫の塚がある。

 

本所松坂町公園吉良邸跡

 

 

 

 

 

 

 

 

お家断絶のため、確かなことはわからないが、

領地の民には慕われていたとも言われる

吉良上野介。

両国三丁目の有志が発起人となり、この場を買い取り、

都に寄付したそう。

地域の方々の手できれいに掃除もされている。

今、本所で上野介が愛されているのは確かだと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉良邸は坪数2,550坪(約8,400㎡)。

ここにも吉良邸跡の上り旗がある。

本所松坂町公園は98㎡(約29.6坪)。

手前の道路左側では男の子たちが

ボール遊びをしていた。

ここは道路で遊べる。

 

芥川龍之介文学碑

 

芥川龍之介文学碑「杜子春」

道路端にあるが、車の往来は稀のよう。

ゆっくり立ち止まって読める。

 

勝海舟生誕の地

 

 

 

 

 

 

この地域では(”も”かな)父親小吉の評判は

すこぶる悪く、嫌われていたそうだ。

勝海舟は本所がすごく好きだった。

 

相撲部屋

 

春日野部屋

 

 

時津風部屋

 

両国と言えば相撲部屋。

若い力士さんともすれ違った。

 

坂道と川

 

多くの川が地下に潜り、道路や公園に変わった今でも

歩くと川や谷の面影がそこここに見られます。

面影は坂道、段差に見ることができる。

 

一之橋

 

 

 

 

 

 

 

説明する三遊亭遊七さん

 

江戸時代、隅田川に対して、縦横に開削された

排水路。

縦の代表格堅川の開削と同時に設けられ。

隅田川から入って一つ目の橋が一之橋

赤穂浪士が泉岳寺に向かう時、

最初に渡った橋でもある。

 

神田川クルーズ

 

浅草桟橋・隅田川・豊海橋より日本橋川・神田川・

お茶の水渓谷・万世橋駅舎跡・柳橋・南高橋より亀島川・

日本橋川・千代田区桟橋

用水路には防災桟橋が設置されている。

災害時の避難路として川、用水路はとても有効。

川から見える区の姿勢

神田川右側護岸は文京区。新緑に飾られている。

左側は千代田区。コンクリートで覆われている。

 

 

江戸城清水門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩きながら聞いた江戸大奥の成り立ちは

興味深かった。

春日局の巧みさに感服。

時代が下ると様子が変わってくるのも

人の世の習いかと納得。

語りと音楽の会

語りと音楽の会

日時:2022年5月1日(日)15時開演

場所:小金井宮地楽器ホール(小ホール)

主催:語りと音楽の会 ともだちや

 

 

ちらしの「ごあいさつ」に惹かれた

どんな意図で企画したのか、

なぜその楽器を使うのか、

会場に足を運ぶとどんな世界を見ることができるのか、

がわかるごあいさつに引き付けられた。

表面のデザインにも惹かれた。

 

 

語りと音楽の会 ともだちや2022春の公演

宮澤賢治 白い話 黒い話

語りは言うまでもないことだが、

集った音楽家、作曲者小内將人氏に魅せられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともだちや公演は初体験。

ちらしの文言に魅せられて

期待度大で座席に座った。

始まってみたら、

期待を大きく越えていた。

まだまだ知らない世界がある。

「プロの演奏でどのような豊かな音楽を奏でるか」

このちらしにあった文言を、

聴いて、そういうことかと感じ入った。

次回公演を楽しみに待ちたい。

 

 

白い話「水仙月の四日」

リードオルガンと笙。

面白い。

幻想的なリード楽器の音色が

語りを映像化する。

極寒をイメージする吹雪、

その中を砂糖を買って帰る子供、

双方に命を吹き込む。

 

黒い話「よだかの星」

学校の音楽室にある打楽器総動員。

そこにクラリネット、ヴァイオリン、

チェロ、ピアノが語りと一体化して描く

よたか」に千両役者を見た。

「よだかの星」に抱いていたイメージが変わった。

音楽が効果音の役割を果たしていた。

効果音なのに不思議なメロディを紡いでいた。

知らなかった世界に誘われた。

 

改札出たら宮地楽器ホール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武蔵小金井駅を出ると、ロータリーの向こうに

小金井宮地楽器ホールが見える。

交通アクセスはぴか一。

雨模様だった当日、ガラス張りの休憩スペースには

外を眺める人の姿もちらほら。

文化施設が暮らしに溶け込んでいるよう。

施設内の壁には野川、仙川の流れが描かれ、

緯度が表示されていた。面白い。

 

 

 

 

 

素朗読「本所・桜屋敷」

素朗読「本所・桜屋敷」

日時:2022年4月21日(木)13時開演

場所:日本橋公会堂

出演:佐藤光生さとうてるお)

 

なかなか聞く機会のない「江戸ことば」での素朗読の会を

桂右團治師匠に紹介していただき、参加した。

池波正太郎「鬼平犯科帳」より

本所・桜屋敷

(写真引用:佐藤光生徒然日記

 

江戸ことばは穏やかなことば

今はごく一部の方しか話せなくなってしまった

江戸町人社会で使われていた「江戸ことば」は

イントネーションがとても穏やかで、優しいことば、

と感じた。

時代劇で聞く町人言葉とは違っていた。

浅学の身ゆえ、生の江戸ことばに出会い、

そのギャップに驚いた。

 

素朗読は凄い

(写真引用:佐藤光生徒然日記

素朗読というものを初めて生で聴いた。

何も付け足さず、何も引かないで読むのは

簡単ではない。と言わずもがなのことを

聴きながら思ってしまった。

意識、気持ちの置き所はどこなのかな。

佐藤光生さんが淡々と読み進められる様子を

見つめてしまった。

中村吉右衛門さんが見えた。

 

音曲師桂小すみさん

演芸に疎い者にも衝撃の出会いがやって来る

初めて生で聴いた浪曲は玉川大福さん。

初めて生で聴いた講談は

2020年に6代目神田伯山を襲名された

神田松之丞さん。

初めて生で聴いた俗曲桧山うめ吉さん。

 

興味無だったのが一気に興味てんこ盛りになった。

初体験が期せずして素晴らしい方々であったのは

桂右團治師匠のおかげ。

師匠の企画される番組に足を運んだ結果、得られた

衝撃の出会い。

 

ここで桂小すみさん登場。

初めて生で聴いた音曲桂こすみさん。

三遊亭遊七さん企画の落語会&クルーズ

で出会った。

修行に励む理由

小すみさんが高座で熱くテンポよい語り口で

面白おかしく語られたことばから抜粋。

「修行に励むのは好きだからではあるが、

誠心誠意励む理由は、そうすることで

天照大神が私により多くの光を

当ててくれるかもしれない。

私に光が当たればお客さまにその光が届く。

そのために修行に励む」

笑いながら聞いていたが、聞き終わって感動した。

 

興味深い小すみさんのプロフィール

小すみさんは中学校の先生を経て、

落語芸術協会の門をたたいた異色の芸人。

舞台の袖で出囃子(でばやし)などを演奏する

囃子方(はやしかた)を長らく務めた後、

高座で音楽芸を披露する音曲師に転身しました。

三味線、尺八、ピアノ、フルートなど

多彩な楽器を操り、シンガー・ソングライターとしての顔も。

2021年度の「花形演芸大賞」(国立演芸場選定)

にも選ばれました。

<引用: 毎日新聞社からのお知らせ>

 

桂 小すみ (かつら こすみ、 1973年 3月7日 – )は、

落語芸術協会 に所属する音曲師

三代目桂小文治 門下。 本名∶ 松本 優子 。 横浜市 出身。

東京学芸大学 教育学部音楽学科中学校課程卒業。

大学在学時、在学中に ウィーン国立音楽大学 に国費留学、

ミュージカル専攻を特別賞で修了。 音楽科教員を経て、

NHK邦楽技能者育成会 を経て 長唄 を 杵屋佐之忠 に師事。

<引用:桂こすみtwitter>