ブログ

「家族芝居」 韓国新人作家シリーズ第6弾

「家族芝居」 韓国新人作家シリーズ第6弾

2012年に始まったシリーズの第6弾。

緊急事態宣言が延長され、その枠内に入ってしまった5月29日、

北区北とぴあペガサスホールでの公演。

石鍋多加史の舞台を楽しむことが第1の目的だったが、

2時間の公演の何もかもを存分に楽しむことになった。

開幕前、昨年来のコロナ禍で1年越しの開幕であること、

一部オンライン公演に変更していることが語られた。

舞台を作る情熱と苦労をここでも目の当たりにし、関係者全員へ心からのエールを送った。

もう一つ、開演前のお話で心に沁みた2つのこと。

 

韓国では毎年17の新聞社が「新春文芸」と冠し、新作を募集

元旦に小説、詩歌、児童文学、戯曲の大賞が各社が発表する。

戯曲は受賞作品が同年の秋に著名な演出家の演出で上演され、

劇作家への登竜門として人気が高く、毎年2千を超える応募がある。

 

若手登竜門であるこの賞の戯曲部門受賞作をいち早く日本に紹介する

単に作品を提供することに止めず、日韓のスタッフが協力して舞台を作る。

国と国の関係が難しい時でも芸術作品を一緒に作る仲間として理解し合う場で

あることを意識している。

 

  • 暮らしの中にある芸術、才能をすくい上げる活動
  • 芸術と人間の愉快な関係

が心に沁みた。

 

「家族芝居」

「分かり合いたい、柔らかい気持ちを共有したい、と思う家族。

思えば思うほど、努力すればするほどすれ違いの溝が開いてしまう。」

わかるなあ。心が痛くなった。

父親、病の床に臥せる母親、娘、三人の会話劇。

石鍋多加史さん、立ち姿、呼吸、指の動き、足の位置でも語りかける。

吉田知恵さん、竹内真菜さんの意志ある目が苦悩を描く。

舞台と同じ空気を直に感じる小劇場ならではの緊張感を久しぶりに楽しんだ。

 

「たいまつ」

「月明りに照らされる戦場。死体から金歯や銀歯を抜き取る歯科医師と

手伝う少年。たいまつをつけたい少年、敵に見つかるから許さない歯科医」

悲劇の中に喜劇がある。鈴木みらのさん、渡部彩萌さん、伊澤玲さん、

かとうしんごさん、谷川清夏さん5名の出演者の身体能力の高さにびっくり。

演劇人として、みなさん明確にご自身の目指すところを握っているな、と

思えるメリハリのある所作が素敵だった。

戦争の描き方は様々だけど、「たいまつ」に共感した。

いしいしんじ氏の回答

いしいしんじ氏の回答

新聞家庭欄の人生案内(読売新聞)を必ず読む。

読む理由

  • 人間観察と人のふり見て我が振り直せ精神
  • 世の中を覗き見る
  • 回答者のことばを味わう

座標面が違うと、見える姿、モノががらりと変わることを人生案内は教えてくれる。

回答者の優しさ、豊かな目に心打たれ、

相談者の姿勢を鋭利な言葉で指摘する回答者の眼光炯々な様に圧倒される。

2021年5月5日(水)の人生案内は相談も回答も沁みた。

「ぶらんこ乗り」は知っていても、著作を手にしたことがない作家、いしいしんじ氏に強く惹かれた。

amazonで「麦ふみクーツェ」を注文した。

相談者は罪を犯した人と接する機会が多い職場で働く20代男性公務員。

相談内容概略 

生きたかった明日を東日本大震災で奪われた人々がいる、一方、

少なくない人々が自分の犯した罪と向き合わず、勝手なことを言っている。

彼らは不都合はあっても日々生きている。なぜ反省もせず無事に生きていけるのか。

日本は法治国家で、罪を犯したからといって不当に命を奪われてよいわけではない。

ただ、心の中ではどうしても納得できない。

こんな不条理に向き合うにはどうしたらいいのでしょうか

 

いしいしんじ氏の回答全文

目ざめ、点呼をうけ、食事をする。作業し、運動し、眠る。

塀の外に出ることはできないけれど、会話し、ほくそ笑み、冗談を言う。

彼ら彼女らには、職業がない。町をぶらつけない。

旅行も、外食も、リアルなスポーツ観戦もできない。

世の中で何かすることを全て禁じられている。

いってみれば社会的に「死んでいる」。

半ば生きているようでもあり、半ば死んでるようでもある。

すきとおった幽霊のような存在だ。

この世界で安定して地に足をつけている実感がない。

今過ごしているその場所は、「この世」から遠く隔離されている。

そしてある一定の期間を過ぎれば、曖昧さを剥ぎとられ、まぶしい外へ駆り出される。

墓を掘り起こされ、まぶしい外へ駆り出される。

それまで切り離されていた社会へ、否応なく戻らなければならない。

ほんとうの「つぐない」がそこから始まる。

あなたは僧侶のように勤めなければならない。

不安で無知で無力な、幽霊たちの口に水を含ませる。

花を供え、声をかけ、話に耳を傾ける。

被災して命を失った人々のに語りかけるのと、同じこころで。

さまよう使者につきそい、「つぐない」へと誘う、

あなたはひとりの修行僧なのだ。

(出典:読売新聞2021年5月5日(水)朝刊 人生案内)

 

いしいしんじ氏の座標面、座標軸に強く興味を持った。

 

華あるジャズメン@SCENE

華あるジャズメン@SCENE

開催日:2021年3月13日(土)

開催場所:restaurant&bar SCENE

出演:華岡将生(Fl)遠藤征志(Key)

 

幕開け突端の前奏はミュージシャンからの招待状。

前奏が語りかける、えっ⁉なんだろ、この前奏が私をどこに連れて行くのだろ?

始まったとたんに、前のめりになる体と気分。

(さらに…)

タンホイザー

タンホイザー

 

東京文化会館で、タンホイザー

字幕で理解するしかない私だが、

ドイツ語のリズム、響きに魅了された。

 

 

私を含め、観客の熱情がほとばしるカーテンコールは

会場全体の照明が点いた後は

舞台上の歌手のたくさんの思いと一体化。

かけ声一切なく、ただただ拍手が終わりを知らないかの如く

響き続けた。

 

【新型コロナと日常の融和???】

休憩時間にはワイングラスを傾け、今見ていた場面を

たゆたうのもオペラ鑑賞の魅力の一つ。

しかし、

会場内は勿論、ロビーでの飲食も禁止、

休憩時間の会話もしないようにのアナウンスが

繰り返されたが、「そうだね」と思ってしまった。

コロナ禍で暮らすこと1年ともなり、

こんなに素敵な時間に浸れるのならその位は我慢、我慢と

思うようになった。

 

【自己犠牲】

吟遊詩人タンホイザーの恋人、エリザベートの究極の自己犠牲を

見守るしかないヴォルフォムが夕星(宵の明星)にエリザベートの安寧を願う

「夕星の歌」が体に染みた

自己犠牲と言えば子どものころ読んだ「幸福な王子」。

子どものときはただた突き刺さる哀しさしか感じなかったことを

思い出した。今も変わらない。

 

【「夕星」って何と読む?】

私はかつて、タンホイザーのアリア「夕星の歌」で「ゆうずつ」と読むと知った。

そして、夕星とは夕方西の空に見える金星のこと知った。

ネットで万葉集、枕草子にも出てくる言葉で、常識!と書かれたサイトがあり、

常識なんだ‼知らなかった、、、とそっと下を向いた。

常識というのにPCの文字変換では出てこない。。。

 

 

 

 

 

 

 

屋根の上のバイオリン弾きは夢空間La Musicaのベル・エポック

屋根の上のバイオリン弾きは夢空間La Musicaのベル・エポック

市村正親さん(テビエ)、鳳蘭さん(ゴールデ)の屋根の上のバイオリン弾きを

日生劇場で堪能した。

生きていくための「しきたり❕」響いた。

自分たちのことを「屋根の上のバイオリン弾きみたいなものだ」と語るこのセリフは

今の私たちも同じだ、とその心を噛みしめる時間にもなった。

 

出演者全員、素晴らしかった。歌もダンスもとてもよかった。

ダンスの切れの良さと芸術性に見惚れた。

舞台の隅々まで神経が行き届いた作品だった。

ことばと出会う音楽会」にご出演いただいている

石鍋多加史さん(本屋アブラム)の台詞の切れの良さ、動きの美しさ、優しさに感銘。

市村正親さんだからこそのテビエの愛と滑稽、

鳳蘭さんと言えば”華やか”がピタッリと思いきや、どっしりと構えたゴールデ

お二人のコンビの妙が舞台を味わい深いものにしていた。

 

屋根の上のバイオリン弾きと言えば森繁久彌。

私が持つ強烈なイメージだった。

【時を経ての再会】

 

2018年12月、家族が所属する男声合唱団東京リーダーターフェル1925

定期演奏会で衝撃的な再会をした。

それは朗読付き屋根の上のバイオリン弾きメドレー。

この時、朗読の醍醐味ここにあり❣と確信した。

 

打ち上げでこの朗読者石鍋多加史さんを捕まえ、

深く感動したこと、どこに魅せられたのか、

朗読の本質を、その滋味、遊びを八王子でも広めたい、

等など、語り尽くし、誕生したのが

ことばと出会う音楽会

 

【夢空間La Musicaの新時代幕開け

屋根の上のバイオリン弾きは夢空間La Musicaに新しい時空を生んだ。

「ことばと出会う音楽会」、昨年はコロナ禍で

中止、今年は、、、

工夫をして公演を実現させたい、させる。

 

 

開催予定日時:2021年5月8日(土)14:30開演/14時開場

会       場:ロゴス教会

 

 

地域情報誌の取材を受けた

神奈川県全域・東京多摩地域に発行する無料の地域情報紙タウンニュース

の取材を受けました。

人物風土記

 

【取材記者は聞き上手】

記者の質問をとっかかりに、自分のこれまでの軌跡、

なぜ夢空間La Musicaを立ち上げたのか、

今、何を思って夢空間La Musicaを運営しているか、

など、思うがままに話続けること2時間。

記者の言葉は、絶妙な角度で私のおしゃべりスイッチを起動させた。

聴く、聞く、ここにも多くの経験と技量があると感服。

HPを確認していただいていたのもあたし前かもしれないけれど、嬉しかった。

他で仕入れた情報ではなく、目の前にいる対象者の言葉、表情に

集中することが大切、と取材を受けながら自分事として肝にメモした。

 

【取材記者の筆力は素晴らしい】

2時間、聞かれるままに、思いのままに話続け、記者のメモは

3ページに及んでいた。

散らかしっぱなしの印象が強い私の話は記事にできるだろうか?

と申し訳なく思った。が、

2月11日発行のタウンニュースを開いて、

記者の筆力に感服。

記者の聴く力、削る力、書く力がきれいに結集していた。

そうかあ、自分はこんな道を歩いてきて、

こんな思いで今やっているんだ。

と教えてもらった。

 

【ジャズライブも嬉しい悲鳴】

同時に3月13日にSCENE で開くライブ案内記事も

掲載していただきました。

朝から申し込みの電話が鳴り始めた。

掲載された11日で満席となってしまった。

その後は次回をお知らせすることを約束して、

お断りをする心苦しい状態。

 

【緩やかなつながり見つけた】

嬉しいのは、お申込みを受けた方、

お断りしなくてはならなかった方とも

ライブ申し込みの事務的な話のみで電話を切られることがないことです。

音楽への思い、ご自身のこと、夢空間La Musicaについての質問など、お話が続きます。

見知らぬ方だけれど、信頼という言葉が行き交う、と私は感じます。

まだお会いしてはいないけれど、緩やかなつながりが生まれようといています。

タウンニュースの記事の力が大きく働いていることに間違いはありません。

 

 

効果てきめん

効果覿面

どちらが正しい?四文字熟語のクイズ

A.効果覿面 B.効果適面

Aの漢字は見たことない、Bの適面は見た目も、意味から考えてもおかしい。

そういえば、「こうかてきめん」と言う時、頭に浮かんでいる

文字はどんなだったかな

「効果・・・・」「てきめん」の漢字が浮かばない。

A.効果覿面が正解。

覿という漢字を朝刊に織り込まれていた地域情報誌で

初めて知った。

 

加壽萬喜

織り込みが入っていた朝刊の「四季」(長谷川櫂氏選)に載っていた歌

めでたかる文字を連ぬる<加壽萬喜>を食ぶることとす正月なれば

縁起の良い文字ばかりを並べた加壽萬喜かすまき)。

参勤交代から無事帰った藩主を労おうと対馬で考案されたお菓子、と書かれていた。

リンクを貼った渡邊菓子店さんの加壽萬喜は店頭販売のみらしい。

もし本当ならここでしか手に入らないというあり方がなかなかに好ましい。

カステラで餡を巻いたお菓子。

穏やかな玄界灘を眺めながら煎茶と共に味わってみたい。

 

綜麻繰り

効果覿面に感動し加壽萬喜という優しく、遊び心に富んだ名前に出会ったその夜、

チコちゃんに叱られるを見て、へそくり綜麻繰りが語源とまたまた新しい言葉に出会った。

 

ことばを磨く

「ことば」は歴史を背負っている。

ことばは偉大だ。

どんな場面でも自分のことばで話したい。

そのことばを磨き、偉大さに敬意を表したい。

夢空間La Musicaで出会う方々と優しさを内包した美しい言葉で、

楽しい会話を交わしたい。

ああ、ブログは滋味あふれる美しい日本語で書きたいのだが。

 

華あるジャズメンがやって来る

華あるジャズメンがやって来る

華あるジャズメン@SCENE

日時:2021年3月13日(土)Start 15:00/Open 14:30

場所:RESTAURANTE&BAR SCENE

出演:華岡将生(Fl) 遠藤征志(Key)

チケット:3000円(ワンドリンク付き)

定員:20名(要申込み 先着順)

連絡先:090-6163-3288(夢空間La Musica 岡部)

 

みんなで聴く、近場で聴く、ジャズを標榜して、

同時に、開催会場となる飲食店のファンを増やすきっかけになり、

地域の活力を地域住民で作る機会となることも標榜して、

2017年2月11日に高尾駅南口ヴィ・マエストロで幕を開いたジャズライブは、

今年2月15日を最後にコロナウィルス感染拡大防止のため、止まってしまいました。

命と音楽は切り離せないと確信してはいても、

ウィルスとは切り離さなければなりません。

ウィルスと切り離して楽しめるライブを模索し、

9月下旬にロゴス教会で実施いたしました。

気を配らなければならないことは多かったものの、

来場者の協力は大きな支えとなりました。

その教訓を生かして、次回を企画しました。

次回の会場は、京王八王子駅前にある

老舗フレンチレストランSCENEのバーコーナー。

1988年【昭和63年12月12日12時】にオープンし、今年32年目を迎えたレストランです。

長年のファンも多いレストランです。

「料理がおいしい」という声をよく聞きます。

シェフの心意気を来店される方が存分に味わうことができるのは、

控えめながらも、お客様の気持ちを汲んだおもてなしに心を配る

ギャルソン、セルヴィーズがシェフと一心同体になっているからだと思います。

マニュアル化された通り一遍ではなく、一人一人と会話する

おもてなしが特別な時間を過ごしている満足感を醸します。

 

今回、ライブ会場となるバーコーナーのバーテンダー

吉見直高さんのぬくもりあるサーヴィスも魅力です。

「ジャズライブ」と銘を打っていますが、中身は縦横無尽。

どんなかは是非会場に足を運んでお楽しみください。

また、ドリンク2杯目以降は

バーテンダー吉見さんのサーヴィスをお楽しみください。

 

シャンソンライブ

日時:2020年12月5日(土)15:00開演

場所:八王子フレンチレストランSCENE

出演:ダン岡崎(歌) 川口信子(キーボード)

 

 

シャンソンと聴くと芦野宏さん、石井好子さん、越路吹雪さん 淡谷のり子さん(この方もそうなんです)

など、おひとかたを除いてはとても、とても懐かしいお名前しか思い浮かびません。

おひとかたとは井関直人さんです。「シャンソンとは3分間のドラマである」と

言われる所以をこの方と出会って納得しました。

シャンソンと言えば「枯葉」「愛の賛歌」「オー・シャンゼリゼ」だと思っていた私が

歌詞の世界観を歌手それぞれの表現で演じて歌うのがシャンソンであると知り、

その魅力に気づくことになったのは井関直人さんのおかげです。

 

 

 

そのシャンソンを八王子で、SCENEのバーコーナーで楽しみました。

証券アナリストとしてイギリスで25年過ごし、現在は海外での仕事・生活の経験を活かし、

海外移住コンサルトとしてもご活躍のシャンソン歌手ダン岡崎のライブでした。

ライブ中のMCでも岡崎さんの視野、交友はworld wideであることがうかがえました。

学園紛争の真っ只中を通り抜けたこと、海外での様々なご経験を積まれたことは

シャンソン歌手としての魅力であり、強みだと思いました。

パーソナリティを務められる「ダン岡崎のシャンソン玉手箱」(八王子FM  土曜日19~20時)は

日本唯一無二と言っても過言ではない、シャンソンの原曲に浸ることのできる番組と紹介されました。

 

コンポーザー・ピアニストの川口信子さんが弾くRolandの響き、メロディーライン、

リズムに魅了されました。

〚今年、アメリカの国際的な作曲コンクール「John Lennon Songriting Contest」

上半期ジャズ部門でグランプリを獲得〛

というプロフィールも想像に難くないものと思いました。

セカンドステージ最初に川口信子さんの演奏「ウィンター○○」に聴き入りました。

終演後、お聞きしたにも関わらず、○○としか記載できないふがいなさが残念です。

初のCD、That’s All So Farがリリースされたとのことで、早速amazonで購入いたしました。

明日、手元に届く来ます。楽しみです。

 

【プログラム】

  1. ふるさとの山(ジャン・フェラ)
  2. 枯葉(イブ・モンタン)
  3. モンソー公園(イブ・デュテイユ)
  4. 想い出のマリッサ(シルビー・バルタン)
  5. 恋心(エンリコ・マシアス)
  6. サンジャンの私の恋人(リュシエンヌ・ドゥリール)
  7. パパと踊ろうよ(アンドレ・クラボー)
  8. イザベル(シャルル・アズナブール)
  9. ナタリー(ジルベール・ベコー)
  10. オー・シャンゼリゼ(ジョー・ダッサン)

 

  1. 北国の男(エンリコ・マシアス)
  2. 歌いながら(ミッシェル・サルドゥー)
  3. Let It Be Me(ジルベール・ベコー)
  4. Love me please Love Me(ミッシェル・ポルナレフ)
  5. 雪が降る(サルバトーレ・アダモ)
  6. ラ・ボエーム(シャルル・アズナブール)
  7. 帰り来ぬ青春(シャルル・アズナブール)
  8. ラストダンスは私に(ミッシェル・サルドゥー)
  9. 世界の果てに(シャルル・アズナブール)

 

『アンコール』

  • セ・シ・ボン(イブ・モンタン)
  • 太陽は燃えている(エンゲルベルト・フンパーディンク)

 

 

コロナウィルスの猛威が続く中、会場となったSCENEの換気対策は

  • ビル全体のシステム15分に1回の換気
  • 入り口、非常口開放
  • 現在、新幹線と帝国ホテルにしか設置されていない換気装置を3か所に設置

の3種類を併用しているとのことです。

飛沫防止のシートについても、飛沫軌道を考えて

設置されていました。

声高に言わずとも、できることを粛々と実行される様子は

SCENEのホスピタリティの高さと、美しさそのものと

感じ入りました。

ワンドリンク付きのライブですが、

チーズと辛みの効いたクラッカーがシェフからサービスされました。

クラッカーの辛みにシェフのおもてなしが重なり、気持ちが温かくなりました。

 

 

 

公共施設利用はハードルが高い

 

コンサートを企画するとき、会場選定は大きな要素であり、悩むところでもあります。

来場者が音楽を楽しむ空間としてどうか、

音響はどうか、

足の便はどうか、、、など

最近はコロナ禍もあり、

来場者が安心してコンサートを楽しめる余裕ある空間かどうか

も考えなくてはなりません。

 

夢空間La Musicaはロゴス教会を会場の本拠地とし、

音響の良さ、触れ合うよさを前面に出し、

足の便が少し(と思いたいです)悪いことはお許しを願い、

人間交叉点としてのコンサートを開催してまいりました。

 

しかし、ソーシャルディスタンスを標榜しなければならない今、

密を避けにくい教会会堂でのコンサートは難しいです。

密を避けて、ロゴス教会でコンサートを開催する場合は、

人数制限を行わなければなりません。

人数制限をしたからと言って、チケット料金を上げるのは難しい、

となると運営上の問題が岩礁となって現れます。

 

そこで、4年ぶりに八王子芸術文化会館(いちょうホール)

来年12月の会場使用を目指しして、

抽選会に参加しました。

残念ながらまた外れました。。。

会場到着順に希望日選択順番を決めるくじ引き

      ↓

札に書かれた番号順に希望日を取っていく

      ↓

番号札10番の私はあえなく沈没

 

土日祭日の会場取りは特に難しいです。

平日含め、行政側の使用が予め決まっている場合も多く、

中でも数少ない土日祭日には多くの利用希望者が殺到します。

夢空間La Musicaのスタッフはダブルワークのため、コンサート開催日は土曜日です。

1番はもちろん、2番、3番辺りの番号札であれば希望日獲得の可能性はあります。

努力、工夫の余地はなく、欲しいのはくじ運です。

 

いちょうホールは公共施設なので、基本使用料金設定はそんなに高くはありません。

しかし、いちょうホールはチケット3000円の場合、

基本料金の1.7倍が使用料金となります。

他と比べてだいぶ高いと思います。

コロナ禍の今、収容人数制限の上限まで集客する力があればよいのでしょうが、

人間交叉点、サロンコンサートを掲げている夢空間La Musicaには

これまた難題であり、目指すところでもありません。

目指すところではないとは言うものの、

200名くらいの来場者を迎えてみたいと思う気持ちもあります。