ブログ

椿姫@入間市創造文化ATELIER AMIGO

椿姫@入間市創造文化ATELIER AMIGO

日時:2021年9月18日(土)

演目:オペラ椿姫

会場:入間市文化創造ATELIER AMIGO

 

入間文化創造アトリエ  アミーゴ

大正5年、この地に埼玉県繊維工業試験場が仏子模範工場 として建てられた

木造の建物が広い敷地に5棟。

会場となったのはそのうちの一つ。

(写真:施設利用案内より)

今回公演の客席数は50。

案内には「床材 フローリング」と書かれている。

フローリングではこの床の温かみは伝わらない。

「木(もく)」と書いてほしい。

柱に残されているしゃくれや傷も時を刻んだぬくもりがあった。

 

感動の余韻が消えない

事前にネットで会場を検索した時は

ここでやるの?危惧する気持ちが強かった。

しかし、危惧は自身の固定観念がなせる業とわかった。

余韻がいつまでも残る素晴らしい舞台に出会った時間だった。

 

2メートル足らず先、同じ目線の舞台

オペラは歌劇。

そのようなつもりはなかったが、今までは「歌」だけしか楽しんでいなかった。と思った。

オペラ歌手は役者でもあることを強烈に認識。

目の前にヴィオレッタ、アルフレード、ジェルモンがいた。

それに加えて、オペラ歌手が舞台にかける情熱の圧を受け取った。

余韻がいつまで経っても消えないのはこの情熱に接したからかもしれない。

オペラグラスというのは覗き込むための道具であって、

オペラを楽しむということからは、はずれているのではないか

という思いが沸き上がってきた。

 

場を使い切る演出

オペラ公演の環境としては足りないものがてんこ盛りの会場。

これが危惧を抱く余韻だった。

終わって、浅はかな考えだと恥じ入った。

「場を使い切る」という発想が美しい舞台を作る、という

強烈なメッセージを受け取った。

夢空間La Musicaで企画する時、「ない」ことを嘆く行為は

お客様に言い訳をしているのと同じと、今更ながらに猛省。

そこここに光る演出、特にヴィオレッタが命を終える最後の場面、

全編を通して絶妙な効果を生む照明。

折しも台風が関東沖を通過する時間と重なり、

雨音が1幕、2幕では会場内にも入り込んできた。

この雨音はヴィオレッタとアルフレードの嘆き、悲痛を演出していた。

天候までも取り込んでしまった舞台だった。

大満足の椿姫だった。

 

ちらし、チケットデザインが素敵

チケットに加えられたゴールドに

華やかさと儚さを併せ持った「人生」をイメージした。

 

伝えたくなる舞台

この舞台で味わった感動をすぐに伝えたい!と強烈に思った。

そして実行した。

オペラとは程遠いのでは?と思う場所でこんなに深い感動を

得た今回の経験は夢空間La Musicaに生かしたい。

「誰に 何を どのように」を明確にするのは自明の理と分かっているが、

「何を」の作り方を根本から考え直そう。

そして来場された方が”すぐに誰かに伝えたい!”と強く思う舞台を目指そう。

 

 

 

 

 

 

宮本亜門演出オペラ「魔笛」

宮本亜門演出オペラ「魔笛」

2021年9月12日(日)

東京文化会館大ホール

W.A.モーツァルト「魔笛

 

先日のルルに続いてオペラ、魔笛。

昨年5月、新しくなった上野駅公園口改札口を探してしまい、

今回は新宿方面山手線ホームに少し探した。

周辺の人出は思いのほか多かった。

 

【プロジェクトマッピング】

以前、プロジェクトマッピングが活用されたバレエ「夏の夜の夢」では、

幻想世界に一気に引き込まれた。バレエとプロジェクトマッピングは相性がよいのか?

今回が2回目。舞台装置のメインがプロジェクトマッピングだった。

バレエと違ってオペラの舞台が映像で作られていることに体が馴染むのに少し時間が必要だった。

鑑賞する側はともかく、映像の中で演じるって大変なのではないかと思った。

 

【宮本亜門氏演出を楽しむ】

現実世界の家庭内騒動から魔笛の世界に飛び込んでいく出だしに

なんだ?、何?、いったいどうなるの?と

いつもとは全く違う個所の感覚を刺激された。

現実世界から仮想世界の「魔笛」に入り込み、

最後に現実世界の家庭に戻ってくる設定。

解説によると、仮想世界「魔笛」で繰り広げられる騒動は

ロールプレイイングゲームとのこと。

今の世相をチクリと刺していると思わせる台詞はこの構造だからできた。

宮本亜門氏の息遣いを感じさせる舞台。

お話の世界なのに、我々の実生活と密接に結びついていると思わせ、

共感度がとても高い舞台でした。

(出典:プログラム)

【オペラ歌手の奮闘にびっくり】

ミュージカルかと思うほど軽やかに動き回るオペラ歌手。

出演者の技量と奮闘に感動。

  • 夜の女王の侍女3人はちょっと笑えるエロティックな衣装で軽やかにステップを踏みながら歌う
  • パパゲーノは全身全霊で動き回る道化師のようではあるが、オペラ歌手としてきっちり歌う
  • 舞台転換を引っ張っているのはパミーナ、タミーノかと思うほどの動き  などなど

 

【夜の女王のアリア以外は知らない???】

アリアでひときわ大きな拍手が起こったのは夜の女王のアリア。

魔笛で一番人気はやっぱり「復讐の心は地獄のように胸に燃え」なのね。

開演前に後ろから聞こえてきた会話でもそれがうかがえる。

「魔笛のアリアって何?」

「夜の女王のアリアしか知らない」

「私も」

・・・・

魔笛には様々なアリアがあって、どれも魅力的。

パミーナ(盛田麻央)のアリアに夜の女王のアリアと同じくらい拍手が欲しかったなあ。

 

【生活の中の美】

芸術は特別の場所にあるのではなく、暮らしの中にある。

個人的にはクラシック音楽が一番生活に強く結びついている。

音楽、演劇、絵画、書籍、どこにでも美を見つけることができる。

夢空間La Musicaは「自分の美は何か」を意識するきっかけになれたらいい。

そして会話するきっかけになればもっといい。

 

 

 

蝉は水を飲まない!

蝉は水を飲まない!

今年は命を終えた蝉に出会う機会が少ない。

道路に横たわっている蝉を見つけた時は

  1. 近くに草花があればそこに置く
  2. 草花がなければティッシュに包んで持ち帰り、プランターに埋葬
  3. 自宅ベランダなどであればプランターに
  4. 脚がわずかでも動いていればプランターの上に置く

この4つが昨日までは対処方法だった。

昨日、自宅前で倒れていた蝉はかすかに足を動かしていた。

いつもの通りプランターに置いた、だけではなく、

最後に水を飲みたいかも、と勝手に思い、

プランターの小松菜にたっぷり水を吹きかけ、蝉をそっと置いた。

蝉はどうやって水を飲むのかと、ネット検索したところ、

蝉は水を飲まない、樹液で水分補給する

と書いてあった。

瀕死の蝉に砂糖水を与え、命を吹き返した例がある

とも書いてあった。

ティッシュに砂糖水を含ませ、棒に巻いて蝉を置いてみた。

少し動き回ったのでかすかな希望が、、、

しかし、吹き返すことはなかった。

出会うのが遅すぎたかも。

再挑戦する機会が今夏あるかな。

 

ついでに蝉の属性は何だろうと検索したら

蝉はカメムシ目(*_*)

出典:kuma-oyakudati.com

 

 

オペラ「ルル」

オペラ「ルル」

2021年8月29日(日)

新宿文化センター大ホール

(地図:新宿文化センターHP  写真:ウィキペディア)

 

「検温」「手指消毒」「なるべく無言」「マスク着用」、

相変わらずのこの四点セットを通り抜け、ようやくルルに出会えた。

 

二期会オペラ劇場「ルル」

(写真:新宿文化センターHP)

 

連日報道されるコロナウィルス感染拡大に不安がぬぐい切れないものの、

多くの人と楽しむ「偕楽」に身をゆだねる贅沢な時間だった。

【出演者】

ルル               冨平安希子

ゲシュヴィッツ伯爵令嬢      川合ひとみ

劇場の衣装係、ギムナジウムの学生 杉田由紀

医事顧問             加賀清孝

画家               大川信之            

シェーン博士           小森輝彦                     

アルヴァ             山本耕平

シゴルヒ             狩野賢一

猛獣使い、力業師         小林啓倫

公爵、従僕            高柳圭

芸場支配人            倉本晋児

管弦楽              東京フィルハーモニー交響楽団

指揮者              マキシム・パスカル

*相関図はプログラムより抜粋

 

語り歌い

明るい「長調」と「暗い」短調のヴァリエーションがあるのが音楽、

と思っているけれど、このオペラはそれがない。

無調で繰り広げられる語り歌い。

初めて出会ったオペラ。

語り歌いに引き込まれた。

オペラ「ルル」は無調で初めて味わい深い作品になると確信。

出演者の技量のなせる業。

オーケストラ、指揮者のなせる業。

 

オーケストラも歌っている

オペラ公演にはオーケストラはつきもの。

その演奏があって、オペラの楽しみが完成することは自明の理。

と無意識に思っていたことに気づかされる公演だった。

オーケストラも歌い手だった。

いつもは少し息をつく間奏だが、ここでは聴き入り、

また演奏者一人一人を凝視する思いだった。

 

指揮者も歌う

マキシム・パスカル氏のダイナミックな動きは

狂おしくルルを求める男性たちの内面と、

ルルの狂気、愛情、憎しみが反映されていたのではないかな。

 

観客に小学生姉妹が

休憩時間におそろいの洋服でちょっとだけお洒落した小学生姉妹のお客様発見。

激しく狂おしいルル、おぼれる男性たち、

愛憎劇をかわいらしいお嬢様二人はどう感じているのかな?

どう楽しんでいるのかな?

とても興味をひかれました。

後で知ったのですが、どうやらお二人は

「ルル」役冨平安希子さんのお子様たちだったよう。

どんな感想を持ったのかな?

お母さんにかわいらしい厳しい批評をするのかな?

 

 

「家族芝居」 韓国新人作家シリーズ第6弾

「家族芝居」 韓国新人作家シリーズ第6弾

2012年に始まったシリーズの第6弾。

緊急事態宣言が延長され、その枠内に入ってしまった5月29日、

北区北とぴあペガサスホールでの公演。

石鍋多加史の舞台を楽しむことが第1の目的だったが、

2時間の公演の何もかもを存分に楽しむことになった。

開幕前、昨年来のコロナ禍で1年越しの開幕であること、

一部オンライン公演に変更していることが語られた。

舞台を作る情熱と苦労をここでも目の当たりにし、関係者全員へ心からのエールを送った。

もう一つ、開演前のお話で心に沁みた2つのこと。

 

韓国では毎年17の新聞社が「新春文芸」と冠し、新作を募集

元旦に小説、詩歌、児童文学、戯曲の大賞が各社が発表する。

戯曲は受賞作品が同年の秋に著名な演出家の演出で上演され、

劇作家への登竜門として人気が高く、毎年2千を超える応募がある。

 

若手登竜門であるこの賞の戯曲部門受賞作をいち早く日本に紹介する

単に作品を提供することに止めず、日韓のスタッフが協力して舞台を作る。

国と国の関係が難しい時でも芸術作品を一緒に作る仲間として理解し合う場で

あることを意識している。

 

  • 暮らしの中にある芸術、才能をすくい上げる活動
  • 芸術と人間の愉快な関係

が心に沁みた。

 

「家族芝居」

「分かり合いたい、柔らかい気持ちを共有したい、と思う家族。

思えば思うほど、努力すればするほどすれ違いの溝が開いてしまう。」

わかるなあ。心が痛くなった。

父親、病の床に臥せる母親、娘、三人の会話劇。

石鍋多加史さん、立ち姿、呼吸、指の動き、足の位置でも語りかける。

吉田知恵さん、竹内真菜さんの意志ある目が苦悩を描く。

舞台と同じ空気を直に感じる小劇場ならではの緊張感を久しぶりに楽しんだ。

 

「たいまつ」

「月明りに照らされる戦場。死体から金歯や銀歯を抜き取る歯科医師と

手伝う少年。たいまつをつけたい少年、敵に見つかるから許さない歯科医」

悲劇の中に喜劇がある。鈴木みらのさん、渡部彩萌さん、伊澤玲さん、

かとうしんごさん、谷川清夏さん5名の出演者の身体能力の高さにびっくり。

演劇人として、みなさん明確にご自身の目指すところを握っているな、と

思えるメリハリのある所作が素敵だった。

戦争の描き方は様々だけど、「たいまつ」に共感した。

いしいしんじ氏の回答

いしいしんじ氏の回答

新聞家庭欄の人生案内(読売新聞)を必ず読む。

読む理由

  • 人間観察と人のふり見て我が振り直せ精神
  • 世の中を覗き見る
  • 回答者のことばを味わう

座標面が違うと、見える姿、モノががらりと変わることを人生案内は教えてくれる。

回答者の優しさ、豊かな目に心打たれ、

相談者の姿勢を鋭利な言葉で指摘する回答者の眼光炯々な様に圧倒される。

2021年5月5日(水)の人生案内は相談も回答も沁みた。

「ぶらんこ乗り」は知っていても、著作を手にしたことがない作家、いしいしんじ氏に強く惹かれた。

amazonで「麦ふみクーツェ」を注文した。

相談者は罪を犯した人と接する機会が多い職場で働く20代男性公務員。

相談内容概略 

生きたかった明日を東日本大震災で奪われた人々がいる、一方、

少なくない人々が自分の犯した罪と向き合わず、勝手なことを言っている。

彼らは不都合はあっても日々生きている。なぜ反省もせず無事に生きていけるのか。

日本は法治国家で、罪を犯したからといって不当に命を奪われてよいわけではない。

ただ、心の中ではどうしても納得できない。

こんな不条理に向き合うにはどうしたらいいのでしょうか

 

いしいしんじ氏の回答全文

目ざめ、点呼をうけ、食事をする。作業し、運動し、眠る。

塀の外に出ることはできないけれど、会話し、ほくそ笑み、冗談を言う。

彼ら彼女らには、職業がない。町をぶらつけない。

旅行も、外食も、リアルなスポーツ観戦もできない。

世の中で何かすることを全て禁じられている。

いってみれば社会的に「死んでいる」。

半ば生きているようでもあり、半ば死んでるようでもある。

すきとおった幽霊のような存在だ。

この世界で安定して地に足をつけている実感がない。

今過ごしているその場所は、「この世」から遠く隔離されている。

そしてある一定の期間を過ぎれば、曖昧さを剥ぎとられ、まぶしい外へ駆り出される。

墓を掘り起こされ、まぶしい外へ駆り出される。

それまで切り離されていた社会へ、否応なく戻らなければならない。

ほんとうの「つぐない」がそこから始まる。

あなたは僧侶のように勤めなければならない。

不安で無知で無力な、幽霊たちの口に水を含ませる。

花を供え、声をかけ、話に耳を傾ける。

被災して命を失った人々のに語りかけるのと、同じこころで。

さまよう使者につきそい、「つぐない」へと誘う、

あなたはひとりの修行僧なのだ。

(出典:読売新聞2021年5月5日(水)朝刊 人生案内)

 

いしいしんじ氏の座標面、座標軸に強く興味を持った。

 

華あるジャズメン@SCENE

華あるジャズメン@SCENE

開催日:2021年3月13日(土)

開催場所:restaurant&bar SCENE

出演:華岡将生(Fl)遠藤征志(Key)

 

幕開け突端の前奏はミュージシャンからの招待状。

前奏が語りかける、えっ⁉なんだろ、この前奏が私をどこに連れて行くのだろ?

始まったとたんに、前のめりになる体と気分。

(さらに…)

タンホイザー

タンホイザー

 

東京文化会館で、タンホイザー

字幕で理解するしかない私だが、

ドイツ語のリズム、響きに魅了された。

 

 

私を含め、観客の熱情がほとばしるカーテンコールは

会場全体の照明が点いた後は

舞台上の歌手のたくさんの思いと一体化。

かけ声一切なく、ただただ拍手が終わりを知らないかの如く

響き続けた。

 

【新型コロナと日常の融和???】

休憩時間にはワイングラスを傾け、今見ていた場面を

たゆたうのもオペラ鑑賞の魅力の一つ。

しかし、

会場内は勿論、ロビーでの飲食も禁止、

休憩時間の会話もしないようにのアナウンスが

繰り返されたが、「そうだね」と思ってしまった。

コロナ禍で暮らすこと1年ともなり、

こんなに素敵な時間に浸れるのならその位は我慢、我慢と

思うようになった。

 

【自己犠牲】

吟遊詩人タンホイザーの恋人、エリザベートの究極の自己犠牲を

見守るしかないヴォルフォムが夕星(宵の明星)にエリザベートの安寧を願う

「夕星の歌」が体に染みた

自己犠牲と言えば子どものころ読んだ「幸福な王子」。

子どものときはただた突き刺さる哀しさしか感じなかったことを

思い出した。今も変わらない。

 

【「夕星」って何と読む?】

私はかつて、タンホイザーのアリア「夕星の歌」で「ゆうずつ」と読むと知った。

そして、夕星とは夕方西の空に見える金星のこと知った。

ネットで万葉集、枕草子にも出てくる言葉で、常識!と書かれたサイトがあり、

常識なんだ‼知らなかった、、、とそっと下を向いた。

常識というのにPCの文字変換では出てこない。。。

 

 

 

 

 

 

 

屋根の上のバイオリン弾きは夢空間La Musicaのベル・エポック

屋根の上のバイオリン弾きは夢空間La Musicaのベル・エポック

市村正親さん(テビエ)、鳳蘭さん(ゴールデ)の屋根の上のバイオリン弾きを

日生劇場で堪能した。

生きていくための「しきたり❕」響いた。

自分たちのことを「屋根の上のバイオリン弾きみたいなものだ」と語るこのセリフは

今の私たちも同じだ、とその心を噛みしめる時間にもなった。

 

出演者全員、素晴らしかった。歌もダンスもとてもよかった。

ダンスの切れの良さと芸術性に見惚れた。

舞台の隅々まで神経が行き届いた作品だった。

ことばと出会う音楽会」にご出演いただいている

石鍋多加史さん(本屋アブラム)の台詞の切れの良さ、動きの美しさ、優しさに感銘。

市村正親さんだからこそのテビエの愛と滑稽、

鳳蘭さんと言えば”華やか”がピタッリと思いきや、どっしりと構えたゴールデ

お二人のコンビの妙が舞台を味わい深いものにしていた。

 

屋根の上のバイオリン弾きと言えば森繁久彌。

私が持つ強烈なイメージだった。

【時を経ての再会】

 

2018年12月、家族が所属する男声合唱団東京リーダーターフェル1925

定期演奏会で衝撃的な再会をした。

それは朗読付き屋根の上のバイオリン弾きメドレー。

この時、朗読の醍醐味ここにあり❣と確信した。

 

打ち上げでこの朗読者石鍋多加史さんを捕まえ、

深く感動したこと、どこに魅せられたのか、

朗読の本質を、その滋味、遊びを八王子でも広めたい、

等など、語り尽くし、誕生したのが

ことばと出会う音楽会

 

【夢空間La Musicaの新時代幕開け

屋根の上のバイオリン弾きは夢空間La Musicaに新しい時空を生んだ。

「ことばと出会う音楽会」、昨年はコロナ禍で

中止、今年は、、、

工夫をして公演を実現させたい、させる。

 

 

開催予定日時:2021年5月8日(土)14:30開演/14時開場

会       場:ロゴス教会

 

 

地域情報誌の取材を受けた

神奈川県全域・東京多摩地域に発行する無料の地域情報紙タウンニュース

の取材を受けました。

人物風土記

 

【取材記者は聞き上手】

記者の質問をとっかかりに、自分のこれまでの軌跡、

なぜ夢空間La Musicaを立ち上げたのか、

今、何を思って夢空間La Musicaを運営しているか、

など、思うがままに話続けること2時間。

記者の言葉は、絶妙な角度で私のおしゃべりスイッチを起動させた。

聴く、聞く、ここにも多くの経験と技量があると感服。

HPを確認していただいていたのもあたし前かもしれないけれど、嬉しかった。

他で仕入れた情報ではなく、目の前にいる対象者の言葉、表情に

集中することが大切、と取材を受けながら自分事として肝にメモした。

 

【取材記者の筆力は素晴らしい】

2時間、聞かれるままに、思いのままに話続け、記者のメモは

3ページに及んでいた。

散らかしっぱなしの印象が強い私の話は記事にできるだろうか?

と申し訳なく思った。が、

2月11日発行のタウンニュースを開いて、

記者の筆力に感服。

記者の聴く力、削る力、書く力がきれいに結集していた。

そうかあ、自分はこんな道を歩いてきて、

こんな思いで今やっているんだ。

と教えてもらった。

 

【ジャズライブも嬉しい悲鳴】

同時に3月13日にSCENE で開くライブ案内記事も

掲載していただきました。

朝から申し込みの電話が鳴り始めた。

掲載された11日で満席となってしまった。

その後は次回をお知らせすることを約束して、

お断りをする心苦しい状態。

 

【緩やかなつながり見つけた】

嬉しいのは、お申込みを受けた方、

お断りしなくてはならなかった方とも

ライブ申し込みの事務的な話のみで電話を切られることがないことです。

音楽への思い、ご自身のこと、夢空間La Musicaについての質問など、お話が続きます。

見知らぬ方だけれど、信頼という言葉が行き交う、と私は感じます。

まだお会いしてはいないけれど、緩やかなつながりが生まれようといています。

タウンニュースの記事の力が大きく働いていることに間違いはありません。