ブログ

マエストロDE落語 桂右團治落語会第十七回

日時:2020年11月7日(土)15時開演

場所:ヴィ・マエストロ

出演:桂右團治

 

 

桂右團治師匠渾身の噺にお客様からは

「今日が一番! 次が楽しみ」の声が届けられました。

毎回が一番! ですが、

この落語会再開の喜びがこの声になったと思います。

 

桂右團治落語会は今年3月開催を見送った時、

いくらなんでも大丈夫と踏んで決めた7月も見送り、

今回定員8名でようやく開催にこぎつけました。

10か月ぶりの落語会となりました。

「そんなに時間が経ったとは思えない」と

少し離れて交わされる会話はいつもと変わりなく、

節制と遊び心がうまい具合に交じり合っていました。

 

演目は三題
海賊退治
時うどん
寝床

 

「海賊退治」

講談から来た噺です。

生の講談に初めて出会たのは3年前、築地で行われている師匠の定期落語会です。

12月でした。6代目神田伯山さんが神田松之丞と名乗っていた時です。

演目は「赤穂義士銘々伝~勝田新左衛門」

びっくりしました。テレビ番組などとは比べ物にならない面白さだ❕

講談の知識は全くありませんでしたが、はまってしまいました。この後、

玉川太福さん、国本はる乃さんの講談を聴くこととなります。

八王子いちょうホール大ホールで神田松之丞さんの講談を聴きました。

講談は800人もの人と共に聴くものではないなあ。

 

「海賊退治」も瀬戸内海で繰り広げられる活劇、

登場する面々の風体、様子が映像として

浮かび上がりました。

師匠を前のめりで見つめました。

お客様の背中もそれを物語っていました。

 

「時うどん」

江戸時代における士農工商それぞれの暮らし

世の中の決まり事を知っていると落語を味わって聴く面白さが倍増します。

この噺は時の数え方を知っていないと笑えません。

江戸は蕎麦、関西はうどんと言われます。

うどんですぐに思い出すのは学生時代に南紀白浜で食べたうどんです。

つゆの色、味わいが新鮮でした。三角の稲荷ずしにも出会いました。

土地の魅力が素のままあった時代だったと懐かしく思います。

その次に思い出すのは高松市屋島のざいごううどん本家わら家です。

 

「寝床」

「明治、大正時代の旦那衆の楽しみは何だったか」と師匠から問いかけられ、

皆???

答えは義太夫。
「ととさんの名は十郎兵衛、
かかさんはお弓と申します」

師匠の透き通った声が真っ直ぐ伸びてきました。

傾城阿波鳴門(けいせいあわのなると)

知らなくても、この一節だけは

知っている、という方が多いと思います。

私もそうです。

義太夫の床本(ゆかほん)は演者が自分で書くそうです。

大きな字で書くので、文庫本3ページ半位の

分量でも、分厚い本になるそうです。

独特の節回しで語る義太夫は

落語で話せば10分の内容が

なんと2時間半の演目となるそうです。

 

国立演芸場で人形浄瑠璃を見たことがあります。

太棹三味線(ふとざおじゃみせん)の力強さと

低音に魅せられました。

お腹に響く重厚で迫力ある音は体全体にずしんと響きました。

太夫の語りは純正日本オペラだなと思いました。

人形浄瑠璃の知識がない私でも、解説イヤホンを借ると、

なるほど、なるほどと納得しながら鑑賞できました。

 

新型コロナウィルスの感染状況をみながら、

可能であれば来年1月に第十八回を開催したいと目論んでおります。

 

朗読とチェロの一夜「よだかの星」

 

「よだかの星」の朗読とチェロの演奏は

私に花巻の宮沢賢治館を思い出させました。

賢治が使用していたチェロに出会った時、賢治を実感したこと、

宇宙好きにとては宮沢賢治の宇宙観にも心惹かれたことを

映像として思い出しました。

活字の賢治ではなく、生身の賢治に出会った気分になったことを思い出しました。

 

場所:東京オペラシティ近江楽堂

出演:遠藤ふきこ(朗読) 伊東裕(チェロ)

 

遠藤ふきこさんが心底ほれ込んでいる若きチェリスト

伊東裕さんと共に開いた朗読とチェロの一夜です。

よだかの星の切なさがチェロの豊かな響きと相まって、

心を震わせました。

朗読に挿入された無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード(J.S.バッハ)、

おしまいに演奏された鳥の歌(パブロ・カザルス)、は

遠藤ふきこさんの提案だったと聞きました。

感服しました。

イメージを形にする、ということを学びました。

 

開演と同時に伊藤裕さんのチェロに圧倒されました。

無伴奏チェロ組曲第3番(J.S.バッハ)

無伴奏チェロ組曲(ガスパール・カサド)

近江楽堂はちょっと響きが激しい、、、です。。。

 

「誰の役にも立てずに死んでしまうこと」が辛い、

というよだかの心情は

どうしようもなく切なくて、やるせなく、

心にキリキリと刺さります。

コロナ禍に身を置く今、より深く共振したのだろうと思います。

心が痛いとはこのような状態を指すのでしょう。

遠藤ふきこさんの朗読がその共振を呼んだことも否定できません。

朗読を一人でも多くの方に体験していただきたいと思う

時間でもありました。

 

よだかは自分の羽で空をのぼってのぼって、青い光を放つ星になりました。

誰かに頼るのではなく、自分の道は自分で切り開く姿に胸をうたれます。

できないことを数えない、できることに目を向けよう、です。

よだかの星は特定はされていないけれど、

今までで、肉眼で見えた8つの超新星のうちの一つである

チコの星とも言われています。

哀しいイメージのよだかにも別の顔があるのかと、

救われる思いがします。

 

始まる前にオペラシティにある飲食店で一休みしました。

注文した際、コンサート来場者には割引がある、と言われました。

後でレシートを見たら5%引きでした。

この店舗だけのサービスなのでしょうか。

今までそのようなサービスを受けたことはありませんでした。

より美味しい気持ちになりました。

人間と暮らせば 猫の独白その4

サンチョ

 

この家でサンチョと命名された。

正式には二代目サンチョ・パンサ。

ドロシー姉さんには偽物サンチョと呼ばれ、心外。

 

公園で拾われて、動物病院そしてこの家に来た。

動物病院の先生はぶっきらぼうだけど、優しかった。

先生とは僕が虹の橋を渡るまで付き合いが続いた。

あまり行きたくない場所だったが、

義理を重んじる僕は診察台の上では礼儀を忘れなかった。

 

お母さんは見果てぬ夢を抱えて日々前進だ!という。

見果てぬ夢ってなんだ?と思った。

大地を自由に闊歩することだろうかと思って、

外に飛び出したことがあった。

真夏の外は夢にはほど遠い世界だった。

早朝と仕事帰りに毎日僕を探していたのは知っていた。

3週間後にお母さんに捕まえてもらった。

この時からおかあさんの言うことにはどんなことでも従うことにした。

僕は義理を重んじるから。

そして、僕の夢はたぶん、人間と暮らすことだったんだろう。

 

 

最後の瞬間が来た時、

僕はお母さんに腕枕を要求したんだ。

お母さんの腕の中で大きく息を2回したんだ。

最後の最後まで義理を大切にしたんだ。

僕の誇りだね。

落語そして桂右團治師匠

 

 

寄席に行ってみたいとは思っても、

気後れがして足が向かない暮らしが一変したのは

10年近く前のこと。

新聞多摩版に桂右團治師匠の落語会開催の小さな記事を見つけた。

八王子に文化の交流拠点を作るのが目的という主催者のコメントが

あった。

ここなら参加できる。と2か月に1回の落語会に通い始めた。

 

 

通っているうちに落語は聴く、笑うという受け身の芸能ではない。

演者は言葉と仕草、そして扇子と手ぬぐいで想像力を喚起させる。

その情景を描いているのは聴き手。

つまり、江戸の粋を演者と聴き手の共同作業で創出しているところに魅力がある、

と思うようになった。

コンサートと同じで、会場で作られる空気感、呼吸、体温が肝と思う。

落語会は目と目が合うくらいの会場がいい。

演者と聴き手の目が合う、演者はそれを受け取り、話しを進める、ここも魅力。

 

対面、対話を大事にし、共感と満足感の醸成を軸に、
夢空間La Musicaは間近で本物の芸術を楽しむ空間を
今後とも大事にいたします。

 

と謳う夢空間La Musicaで落語会を開きたい、

桂右團治師匠にお願いしたい、

という願望がふつふつと湧き上がり始めた。

駅近、定期落語会ができる場所、文化交流拠点作りを一緒に目指せる人

を探し始めたのは落語会に通い始めてから4年後。

第1回を2016年3月19日、「マエストロDE落語 桂右團治落語会」を

ヴィ・マエストロで開催することとなった。

思い立ったらとにかくやってみる精神だけで始めてしまった。

 

コロナ禍で止まっていたけれど、小さく踏み出だすことになった。

 

11月7日(土)に第17回桂右團治落語会を開きます。

こちらは予約で既に定員に達しております。

今回は定員8名に絞らせていただきました。

 

新型コロナウィルスを遠ざける仕組みを整え、

お客様にも協力も仰ぎ、

響感し合う落語会を作っていきたいです

 

 

 

人間と暮らせば 猫の独白 その2 

ドルシネア・デル・トボソ

ドルシネア・デル・トボソ。。。

訳の分からないスゴイ名前を付けられた。

いつもドロシーって呼ばれていたから

お母さん以外は私の正式の名前を誰も知らない。

なんでもスペインを代表する作家ミゲル・デ・セルバンテスの代表作

『ドン・キホーテ」の主人公ドン・キホーテの

思い姫の名前なんだとか。

 

サンチョと私は一心同体。

どんな時も離れなかった。

夜も並んでお母さんの腕枕で寝た。

いつもサンチョにお母さん側を取られていたけど、

私は一回も文句を言ったことはない。

 

サンチョは愛嬌ある我儘者。

私は思慮深い女子。

 

思慮深い私は、傍若無人な態度で私をかまうお父さんが

ちょっと苦手だった。

たまにしか帰ってこないからまあ許せた。

ある時、どうしてもお父さんを元気づけたい!と思う時があった。

そこで、お父さんがソファーに座った時、いつもは逃げていたけど、

すっと横に座ったの。

お父さん元気になった。

それからはフレンドリーな関係になった。

 

いばりんぼうサンチョが虹の橋を渡ってしまったら

なぜか私がいばりんぼうになった。

 

ジャンヌ(チンチラミックス)はただの同居人、、、

と思っていた。

私が20歳の時、そのジャンヌが18歳で亡くなった。

そしたら心にぽっかり穴が開いて、

体調不良に陥ってしまった。

ジャンヌが大事な家族だって初めて気がついた。

動物病院の先生が

「相性にもよるけど、仲間ができると元気になるかもしれない」

と言って、動物病院に保護されていた

サンチョと同じキジトラ猫をお母さんに預けた。

 

偽物サンチョが我が家にやってきた。

私の喪失感に包まれた静かな暮らしは一転した。

威張って、怒る暮らしになった。

お父さん以上に傍若無人な偽物サンチョは全くめげない。

年のせいか威張り疲れて、気がついた。

私、元気だ❣

 

偽物サンチョは勝手気ままな奴だけど、

同居猫がいるってこんなに素敵なこととは知らなかった。

心の中では「ありがとう」といつも言っていた。

偽物サンチョがやってきてちょうど1年。

私は21歳で本当のサンチョのところに行くことにした。

ももちゃんがいるから奴は寂しくはないだろう。

 

一度でいいからドルシネア・デル・トボソって呼んでほしかった。

へんてこな名前だけどね。

家族の話題に出た時でいいから呼んで欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽劇「獅子吼」

音楽劇「獅子吼」

ししくと読めたけれど、額面通り、獅子が吼える、と受け取った。

その意味を音楽劇「獅子吼」(原作:浅田次郎)で知った。

瞋(いかり)という漢字に初めて出会った。と、思ったら

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の一節、

「欲ハナク、決シテ瞋らず」

と表現されているとプログラムの浅田次郎氏のコメントで知った。

一体どのようなことだろうと帰宅して、を検索。

プログラムの解説とはニュアンスが違っていた。

 

 

老獅子ボスが父から受け継いだ教え「決して瞋るな、瞋れば命を失う」の瞋は検索した瞋。

最後の最後に見せるボスの瞋りの咆哮はプログラムの解説の瞋、かと思った。

 

 

石鍋多加史さんに出会って、

音楽劇、ミュージカルの魅力に取りつかれた。

そして「ことば」に命が宿っていることを強く意識するようになった。

昨年10月は「ラ・マンチャの男」(神父役)、

11月の「ラ・テンペスト」(賢い老顧問)、

今年3月の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(浪矢雄治)、

今回は獅子。

 

 

 

昨年5月に夢空間La Musicaにご出演いただき

今年も味わい深い公演を企画していたけれど、コロナ禍で延期。

来年5月8日(土)、重厚なのに軽やかで、心休まる舞台をロゴス教会で開催する予定。

 

劇場に足を運ぶと、大事なことを言い訳に包んで、

棚上げにしている自分に気づく。

心洗われると感じるのはこれが影響しているのかもしれない。

「獅子吼」の最後で老獅子ボスと戦争に翻弄される人間が対峙する。

こんなに凝縮した時間に身を置いたのは初めてと感じた。

今回も心が洗われた。

 

開場まで時間があったので、時間をつぶそうという

軽い気持ちでウエスタン北山珈琲店の前に立った。

箒と塵取りを持っていた男性が慌て近寄てきて、

「ここはこういう店ですから」

と入り口ドアの張り紙を指さし、ドアを閉めて中に入ってしまった。

「おしゃべり 携帯電話 読書・事務処理 待ち合わせ 30分以上の長居」お断り

見透かされてしまった。

コーヒー通には有名なお店と後で知りました。

 

人間と暮らせば 猫の独白その1

サンチョ・パンサ

「温かいクリスマスを迎えたい」という紙がついたケージに

入れられて、熱帯魚販売店の店先にいたことを覚えている。

仲間が2匹いた。

 

クリスマスが来る前に、もう1匹と一緒に4人家族の一員になった。

僕はドン・キホーテの従者の名前「サンチョ(サンショ・パンサ)」をもらった。

相方はドン・キホーテの思い姫「ドルシネア(ドルシネア・デル・トボソ)」となった。

お母さんがドン・キホーテに心酔しているからだとか。

少し経ってから「僕」ではなくて、「私」だったことがわかったけど、

そんなことは気にしない。

だって、しばらくして病院へ連れていかれ、気が付いたら僕でも私でもなくなっていたから。

 

人間界では「名は体を表す」という言葉があるらしい。

同居する人間たちが

「サンチョって名前だからね。ちょっと抜けている。でもそこがかわいい」

「こんなに人見知りしない猫は珍しい」

とよく言っていた。

 

僕も妹のMちゃんも小さかったから最初は喧嘩もした。

Mちゃんが学校に行くようになってからは僕が

「お帰り」

って言って迎えるようになったんだ。

Mちゃんと僕は親友になったんだ。

 

途中からオカメインコとチンチラのミックスも家族になった。

オカメインコは僕ら猫族の上に立った。

僕らはオカメインコ、太郎ちゃんに従っていた。

太郎ちゃんは菜っ葉と果物とひまわりの種が嫌い。

僕らのカリカリご飯が好き。

太郎ちゃんは僕といつも一緒にいた。

 

僕は家族もお客さんも太郎ちゃんもみんな、みんな好きだった。

時々来るおばあちゃんは「サンチョはとってもいい子だ」って

いつも言ってくれた。

 

僕(三つ子の魂だな、この言い方が好きだ)はお別れの時がわかったんだ。

ある日の夜、明日の旅立ち前の挨拶を家族4人にちゃんとしたんだ。

一人一人のところに行ってしたんだ。

16年の楽しい暮らしに感謝したんだ。

今から21年前のことだ。

家族はその後も僕のことをよく話題にしている。

今でも時々聞こえてくる。

 

オペラ「夏の夜の夢」を楽しむ

オペラ「夏の夜の夢」を楽しむ

2020年10月10日(土)

新国立劇場オペラパレス

 

 

鋭さをオブラートで包んだスタッフの表情に

安心と心地よさを感じました。感染防止が身についたせい?

 

7か月ぶりのオペラ鑑賞です。

ようやくこの時が来た❕

いい席で聴きたいと、とても強く願う故、

クラシックチケットはいつもS席を購入。

しかし、今回、同行する者が

「S席と言ったってなんでここなんだ?ということもよくある。
A席だっていいんじゃないの?」

「・・・」

思いきってA席を指定して購入を依頼した。

大正解。

遠いけど、位置としてはS席、全体を見渡せて心地よい。

オーケストラボックスが全て見渡せるもの心地よい。

このワクワクする気持ちは宝くじに当たった気分に似ているに違いない。

今後、座席指定で購入する時はここを買う。

 

夏の夜の夢

原作はウィリアム・シェークスピア、作曲はベンジャミン・ブリテン。

新国立劇場今シーズン初のオペラ公演。

 

舞台の魔力其の壱

透き通る歌声、ボーイソプラノの妖精のが目の前にやって来る。

 

ボーイソプラノが妖精界に聴く者をスムーズに誘う。

その歌声はまさに天使の歌声。

英語で歌うのは大人でも難しいのに、

これほど美しく歌えることに驚嘆。

天使の歌声はTOKYOFM少年合唱団。

 

舞台の魔力其の弐

演者の空気感、圧力、熱、を感じられるのは生の舞台ならではのもの。

 

妖精の王、オーベロンに仕えるパックはバレエダンサーにも引けを取らない

軽やかで、しなやかで、大きな身のこなし。

音楽家がここまでできるのか、と驚嘆。

回転と跳躍ができればバレエダンサー。

 

舞台の魔力其の参

カーテンコールで客席がひとつになる感覚は生でなければ手にできない。

 

カーテンコールの盛り上がりがすごかった。

舞台、観客共にこれほどまで熱い感情を持ったことに、

新型コロナウィルスもある意味一役買った

、、、と思う。

この舞台を作ることに参加したすべての人間の真摯な思いが

舞台に凝縮されていた。

 

 

 

音楽界もようやく動き始めました。

舞台とオンライン両方で鑑賞できるスタイルも提供されるようになりました。

遠方の方、会場に行くのが難しい方にとっては喜ばしいことと想像します。

楽しみ方を選べる時代になりました。

舞台の魔力に包まれたい私は劇場に行く方を選び続けたいです。

 

 

 

 

華あるジャズメン 華岡将生&須古典明

華あるジャズメン 華岡将生&須古典明

 

日時:2020年9月26日(土)14:30~

会場:日本基督教団ロゴス教会

出演:華岡将生(フルート)須古典明(ギター)

【申込時にお願いしたこと】

  • 連絡先を確認する
  • 自宅での体温チェック
  • チケット代金は来場者が所定の箱に置く(おつり不可)

【当日】

  • 会場内の消毒(椅子、手すり、ドアノブ)
  • 換気のため、ドアは小解放
  • 会場入り口では靴底消毒と手指消毒、体温チェック
  • 掛け声を控えていただき、感動は拍手で伝えていただく
  • お客様同士の会話は少し離れて行う

 

あれは控えて、これは必ず守って❕と煩わしいことをたくさんお願いして開催しました。

こんなお願いばかりのライブってありえないなあ、、、と忸怩たる思いを抱えつつ、

一方ではワクワクする気持ちも抑えきれない状態で幕開けしました。

心配は杞憂に終わりました

 

華岡さん、須古さんの控え目なお話に耳を傾け、

今作られて、今聴こえる音楽に身をゆだねるライブ感は

物理的ディスタンスを払いのけ、いつもと変わらない、

いや、いつも以上に伸びやかな感動に満ちた時間を生み出しました。

  • 泣きそうになった、実際に泣けた
  • 久々の生演奏に接し、生きていることを実感した
  • 頭の中から悩みが消えた
  • 心が穏やかになった

 

 

等など、新型コロナ禍の中で初めて開いたライブで、

主催者が励まされる感想を寄せていただきました。

感染防止のために設けられた制約はきちんと守りつつ、

共感と感動を醸成する時間を作る第一歩となりました。

 

 

 

 

 

 

アフターコロナを見据える

コロナ禍が過ぎ去ったとしても、今までと同じコンサートを開くのは当分の間は難しいと想像します。

個人が運営するコンサートとなると、

その困難の壁は北斎の神奈川沖浪裏かと思うほど大きく立ちはだかります。

 

そこで、コンサートに足を運んでくださる方々にこんな問いかけを行いました。

  • 夢空間La Musicaのコンサートのどのようなところが魅力ですか?
  • ご友人を誘われる際の文言はどのようなものですか?

 

寄せられた感想はおおよそこのようなものでした。

  • クラシック音楽が日々の暮らしに根を下ろした
  • 間近で聴く贅沢に浸ることができる
  • 地元で一流の演奏に触れられる貴重で楽しいひと時を過ごせる
  • 決して敷居の高くない場所で休日の生演奏が楽しめる
  • 身近なちょっとしたお出かけ感を楽しめる
  • 地元の気安さ、居心地の良さ
  • 人と人の交流が魅力的
  • スタッフの気遣いが好ましい
  • ちょっと勇気がいるが、1人でも参加できる
夢空間La Musicaは〚人間交叉点
一人で参加しても、寂しくない、気後れしない

「ただ聴いて、ただ観て帰るのもいいけど、

演者さんや他のお客さんと話ができる機会があるのがより楽しい」

「演奏者や曲の背景、自分とは違った感じ方に触れることで、

より楽しみが深まる演奏会です」

 

コロナ禍は辛いことですが、まさに夢空間La Musicaが目指していることを

感じ取っていただけていると実感できる嬉しい機会を得ました。

 

 

 

対面、対話を大事にし、共感と満足感の醸成を軸に、
夢空間La Musicaは間近で本物の芸術を楽しむ空間を
今後とも大事にいたします。

 

会場問題が一番のネック

現状:とても響きのよい教会(ロゴス教会)を会場として利用しています。

懸念:どんなに対策を施しても、コンサートが新型コロナウィルスを100%防ぐことはできない。

防ぐことができなかった時、教会への影響は計り知れない。これが大問題。

 

現状:お客様は100名までは収容できますが、ゆったり楽しんでいただく60~70名を目指しています。

懸念:30名収容を最大と設定した状態を保ち続けての活動は難しい。企画も限られてしまう。

 

現状:舞台との段差は小さく、時には段差なしで、演奏者はすぐ目の前。

表情、息遣いも感じるコンサート。

懸念:目の前で聴く贅沢が危険要素となる。

 

コンサート開催が可能な八王子の公共施設は

八王子芸術文化会館いちょうホールとオリンパスホール八王子の二つです。

2021席のオリンパスホール八王子は個人開催には無縁。

いちょうホール小ホールは288席(現在は144席まで)です。手が届くホールです。

しかし、開催予定の1年前に行われる抽選に当たらなければ始まりません。

 

問題は二つあります。

  1. 希望日が抽選で当る確率はとても低い
  2. 出演者は抽選に当たった日程でいいですよ👌なんてことにはならない

 

抽選に当たっても、少し問題があります。

いちょうホールのホームページには

「八王子駅北口徒歩13分」と記載されていますが、

これは足腰元気はつらつな方々を基準にしているい言わざるを得ません。

バスがあるけれど、やはり駅から徒歩5分以内が望ましいです。

 

対話と共感を醸成する、贅沢な音楽空間を目指して

グッドアイデアはなかなか下りてこないのが現状です。

それでも、声を発し、体を動かし、知恵を得る努力を続けます。

一人で来たけど、終わってみたら知り合いができた、そんなコンサートを

企画します。

犬も歩けば棒に当たるを信じたいです。