ポコフォーコ in logos vol.1 アルフォーコの熱い炎再び

開催日時:2019年10月26日(土)14:30~

開催場所:日本キリスト教団ロゴス教会

出  演:【テノール】持木悠 高柳圭 吉田連 【ピアノ】高田絢子

 

 

アルフォーコはユニット活動を10年続けるという当初の目標を昨年のコンサートで達成し、その活動を終えました。夢空間La Musicaではここ5年間、 年1回のコンサートを行ってきました。夢空間La Musicaの企画するコンサートの中でも大人気のユニットで、終結を惜しむ声がたくさん上がりました。アルフォーコの面々、そして夢空間La Musicaはその声をありがたく思い、感謝いたしました。

長期計画の第一段階を終了し、音楽家たちは、なお一層の高みを目指し、新ユニットポコフォーコを結成し、今回、ロゴス教会で世界初演を迎えました。

お客様からは早くも「来年が楽しみ!!」の声があがり、これら期待の声はポコフォーコのこれからの推進力になります。

 

【プログラム】

<1部>

お前を讃える栄光のために                                                                     G.B.ボノンチーニ    
私の優しい情熱が                                                                       C.W.グルック     
樹木の陰で(ラルゴ)                                                                     G.F.ヘンデル        
落葉松                                                                            小林秀雄        
初恋                                                              越谷達之助      
夢の後に                                                      G.U.フォーレ     
Ich liebe dich                                                  E.H.グリーグ     
オペラ「アルルの女」よりフェデリーコの嘆き                                   F.チレア
オペラ「ロミオとジュリエット」より ああ太陽よ昇れ                      C.F.グノー 
オペラ「カルメン」より花の歌                                                G.ビゼー

<2部>

ネッラファンタジア                                                                     E.モリコーネ 
マイハートウィルゴーオン                                                            J.ホーナー
ミュージカル「ノートルダムの鐘」より僕の願い                               A.メンケン        
ミュージカル「ジキルとハイド」より時が来た                                   F.ワイルドホーン
ミュージカル「美女と野獣」より密かな夢                                      A.メンケン  
カンツォーネメドレー

 

アラジンのランプ

 

愛を歌う -1部-

ここで歌われる包み隠しのない恋心と苦悩、自然と隔てなく存在するの人間の姿は、自分が普段それらに蓋をする、または置き去りにして暮らしてることに気づかされました。古典的な曲想にのせられたこれらの楽曲は、気持ちの深いところに届く言葉にできない感動となり、自然にあふれる涙は温かい。

 

ポコフォーコが練りに練ったプログラム1部へのお客様の声

とても優雅な気持ちになった

フランス語の歌曲はあまりなじみがなかったのですが、イタリア語とは違う何か雰囲気のある大人のイメージを感じました。

グリーグのIch liebe dich、何と甘い優しい曲か

落葉松のテノールアンサンブルのなんと素晴らしかったこと。心は宙を飛び、やがて静かに軟着陸。一瞬の宇宙空間を楽しみました。

冒頭の曲(お前を讃える栄光のために)でウルッときて、「落葉松」では乾いた目が濡れました。

 

オペラ歌手が歌う映画音楽、ミュージカル、カンツォーネ -2部-

オペラ歌手の生の歌声は何の舞台装置もないロゴス教会会堂を壮大なミュージカル舞台に変えました。

映画「タイタニック」の主題歌「マイハートウィルゴーオン」はイタリア語バージョン。

 

喜歌劇「アラジン」

カンツォーネで熱く盛り上がった会堂。その後、観客のハテナ?な気持ちを表すかのような一瞬の静寂。

 

その時、客席から「今日はかぶり物はないのか?!」の声。

 

そして始まったのが劇団四季ならず、歌劇団ポコフォーコ作・演出の喜歌劇「アラジン -3つの願い-」

工夫凝らした衣装と小道具にも笑いを誘われる。

魔法のランプの精ジニーがなんとリーチ・マイケル!時期も捉えた演出。

髭の生えた美しい王女ジャスミン!

戸惑い気味に、しかし好青年のアラジン

猿のお面をかぶったままピアノ演奏する潔さと根性、遊び心が一緒になった高田絢子さん

借り物は何処にもないポコフォーコの渾身の「アラジン」でした。

お客様の声

アラジンのランプの企画、楽しく又感動して聴かせていただきました

オペラの演技力がこんなところに生かせるナンテ、ステキ!

 

お客様お見送りもアラジンの衣装で。